文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 使わなければただの紙 使いこなせば守りがみ(3)

3/27

静岡県菊川市

◆避難指示で安全な場所へ逃げましょう
災害時に発表される避難情報が変更となり、これまでの「避難勧告」は廃止され、「避難指示」に統一されました。災害時に自分がどのタイミングで避難するかをあらかじめ確認し、普段からどう行動するかを決めておきましょう。
・避難に時間のかかる高齢者や障がいのある人などは、警戒レベル3「高齢者等避難」で危険な場所から避難しましょう。
・警戒レベル4「避難指示」で危険な場所から全員避難しましょう。

申請時のお願い:罹災証明書および被災証明書の申請時には、被災状況がわかる「全体」と「詳細」の記録(写真撮影)をお願いします。
なお、被災状況の記録は損害保険などの請求にも必要になる場合があります。
※被災状況がわかる写真などの提出がない場合、証明書を発行できない場合があります。
対象:
・罹災証明書…住家の被害
・被災証明書…空き家、納屋および倉庫などの非住家建物、カーポートや自動車など工作物および動産、所有するアパートの被害など
申請期限:災害発生日から6か月以内
申請方法:税務課資産税係の窓口へ申請書と写真などの関係資料を提出
持参品:印鑑、身分証明書、被災状況の確認できる写真、建物図面など間取りがわかるもの(提出可能な場合)、修理費用のわかる請求書、見積書など
※代理人の場合は委任状と代理人の身分証明書を持参
※詳細は市ホームページをご覧ください。

◆竜巻・突風の仕組みを知り、身を守りましょう
5月1日(土)午後7時前、菊川市沢水加から牧之原市布引原付近にかけて、竜巻が発生しました。風速はおよそ55メートルと推定され、市内でも家屋などに被害が発生しました。竜巻は突然発生し、短時間で甚大な被害をもたらします。竜巻が発生する仕組みやとるべき避難行動、気象庁から発表される気象情報を知り、自らの身を守りましょう。
〇竜巻が発生する仕組み
(1)上空の冷たい空気と地上の温かい空気がぶつかり、積乱雲が発達します。
(2)発達した積乱雲が接近すると、急に冷たい風が吹き始め、雷や雹(ひょう)、急な大雨が発生しやすくなります。
(3)積乱雲は次第にろうと状や柱状の黒い雲に変わり、接近すると物やごみなどが巻き上げられ、竜巻が発生します。
〇竜巻が発生した際にとるべき避難行動
竜巻注意情報が発表され、空が急に真っ暗になる・大粒の雨が降り出す・雷の音が聞こえるなど、積乱雲が接近する兆候が確認された場合には、下記を参考に身の安全を確保する行動をとるようにしてください。
屋外では…
・頑丈な構造物の物陰に身を隠し、うずくまりながら両腕で頭と首を守る。
・車庫や倉庫、物置やプレハブ、自動車などは飛散する可能性が高いため、避難しない。
・シャッターを閉める。
・電柱や樹木は倒壊する可能性が高いため、近寄らないこと。
屋内では…
・建物の最下階(1階)で、中心部に近い安全な部屋に移動する。
・雨戸や窓、カーテンを閉める。
・窓やドア、外壁や部屋の隅から離れる。大きなガラス窓の周辺は特に危険。
・頑丈な机の下やトイレなど窓のない場所に入り、身を小さく両腕で頭と首を守る。

気象庁の防災気象情報は、テレビやラジオで確認できます。気象庁ホームページでは、全国の竜巻発生状況や雨雲の動きなどを随時更新しているのでご覧ください。

■住まいが被害を受けたら写真を撮りましょう
住まいの片付けや修理の前に、まずは家の被害状況を写真に撮って保存しましょう。市から罹災証明書や被災証明書を取得して支援を受ける場合や、保険会社に損害保険などを請求する場合に役立ちます。

〇罹災証明書と被災証明書の発行
罹災証明書と被災証明書は、暴風や豪雨、地震などの自然災害により、所有する住家などが被害を受けた場合、被害の程度などを証明するものです。発行された証明書は、保険金や税控除などの手続きに必要な場合があります。申請前に、必要とする各関係機関へ確認ください。

問合せ:税務課資産税係
【電話】35-0913

問合せ:危機管理課
【電話】35-0923

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU