ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市長のいきいき通信 課題発見解決型行政を

15/54

長野県須坂市

新年あけましておめでとうございます。皆様方には、お健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
本年度は、エコパーク最終処分場の建設工事に着手し、平成32年秋からの稼働を目指します。学校給食センターは、事業者を決定し、平成32年8月下旬の供用開始を目指します。インターチェンジ周辺開発は、国の基本計画が昨年末に承認されましたので、土地利用調整計画の策定に取り組みます。これらの大型事業は、地元や県、国などの協力により課題を着実に解決してまいりました。この間、市職員もこれらの課題に自主的、積極的に取り組んできました。さらに、長期間にわたり気が付いていなかった課題を発見し、解決した市職員もいます。
超高齢人口減少など激しい変化の時代にあって、生じる課題を解決することはもちろんですが、課題そのものを発見する力(課題発見力)が必要です。課題発見力は、市民目線で目的意識を持ち、素直な気持ちで現場・現実・現況を分析し、将来を見通す力です。
例えば、避難生活が困難な災害時避難行動支援者のために、須坂温泉古城荘を福祉避難所として整備する計画があります。災害を考慮した場合に必要な施設です。また、フルーツ発泡酒事業は、市内外の著名なホテルや旅館などで扱っていただくことで、農業やサービス業の振興になり、須坂市全体の底上げにもなります。

▼市長のメールマガジン「虹のほほえメール」を毎週木曜日にお届けします。登録はホームページから
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/melmaga/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル