文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 CROSS TALK 子育てママ × 壬生照玄 町長 (2)

2/17

長野県高森町

◯「困った」を解決する本当に便利な支援とは
壬生:もう一つ、町では事業所に働きかけを行い、女性が安心して働ける環境作りに力を入れています。

北原:私は今、介護施設でパートをしています。以前はリハビリ職に就いていたので病院の求人を探しましたが短時間の募集はなくて。キャリアを生かしたいのに仕事が見つからないのが現状です。

壬生:育児との両立を支援してくれる事業所は増えましたが「やりたい仕事」となると、都会に比べて数が限られている分、難しいかもしれませんね。

北原:女性のための就業相談もあると聞いたので次に探す際は利用したいです。

壬生:就業相談は定期的に開催しており、今年度から回数も増える予定です。また「クラウドワークス」はご存知ですか?

北原:初めて聞きました。壬生企業から依頼された仕事を、登録者が在宅ワークで行う仕組みです。町からも議事録のテープ起こしなどをお願いしています。

北原:それなら子育ての合間にできそう。

壬生:町からも、依頼できる仕事は今後増やしていきたいと考えています。過去には「市田柿のパック詰め」などの仕事もあったそうですよ。

緒方:外に出られる仕事も楽しそうですね。

北原:自分の時間を持てるのがいいですよね。余裕が生まれて、仕事から帰って来たときに子どもがより愛おしく感じられる気がします。

緒方:ただ、真っ先に「子どもをどうしよう」って思います。

壬生:町の一時預かり(※5)やファミリーサポート(※6)はいかがですか?

北原:正直、行政にお願いするのはハードルが高いです。「本当に体調が悪くて」とか「外せない用事がある」という時じゃないと利用できない気がして。

緒方:あと、事前申し込みが必要なので急な予定の時に使いづらいです。

壬生:そこはなんとか気軽に使っていただきたいですね。ハードルが高い理由は「行政だから」ですか?

北原:電話をしなければいけないのがネックかな。アプリで申し込みできたら今のママは楽だと思います。

壬生:「高森ここいく」(※7)という便利なアプリもありますが、直接やりとりができる仕組みはないので考えますね。例えばこの4月から、高校生の通学バスの帰りの便はLINEから予約できる仕組みができました。高校生と懇談した際「バスが使いづらい」という声を聞いて反映したものです。お母さんたちが「困っている」という部分も、皆さんから声をいただいて改善していきたいですね。

北原:私たちはこの機会にお話しできましたが、モヤモヤを抱えている人はいると思います。

緒方:今回お話をさせていただいて、町のことを考える良いきっかけになりました。子どもたちがこれから育っていく場所だからこそ、いい町にしていきたいです。

壬生:ありがとうございます。子育て世代のお母さんが活躍している町は活気がある町だと思います。「高森は女性や子どもが元気だね」と言っていただけるよう今後も力を尽くしていきますので、またぜひ話を聞かせてください。

「あったかてらす」は、皆さんに愛される施設を目指して今後もバージョンアップしていきます。「こんなことがあれば利用したい」「もっとこうなったらいいな」など、気軽にご意見をお寄せください。お待ちしています。

※1 高森町にお住まいの方は無料。町外にお住まいの方はひと家族200円
※2 空気で膨らませた大きなチューブの中で360度回転して遊べる遊具
※3 天竜川の水辺(山吹地区)を活用した新たな賑わい拠点づくり。2027年長野国体の会場となるカヌーコースやビーチバレーコートのほか「川の駅」や「芝生公園」の建設を予定
※4 おおむね生後0ヶ月から4ヶ月までの自分では動き回れない時期(寝返りが打てない時期)のこと
※5 保育所に入所していない就学前のお子さんを、町内の保育園で一時的にお預かりするサービス(有料)
※6 子育ての手助けを必要とする方と手助けができる方を結びつける会員組織。利用会員の対象は小学3年生までのお子さんがいる方、または妊婦の方(有料)
※7 母子手帳アプリ「母子モ」を利用した、たかもり子育てアプリ。町からの情報通知、予防接種の予定や履歴、成長記録の管理などをアプリ上で行うことができる

■女性活躍子ども子育て拠点施設 あったかてらす
あそびを中心とした子育てサポートや、女性の就業起業をサポートする「女性活躍子ども子育て拠点施設」です。親子で思い切り遊ぶ場所として、また情報交換の場として利用できます。広々とした空間には「ボーネルンド」社が扱うおもちゃや木のおもちゃを多数そろえています。ロフトはWi-Fi完備で、コワーキングスペースとして仕事や作業に利用できるほか、セミナー、集会など幅広い利用が可能。子育て相談にも応じるほか、就業情報の発信も行なっています。
住所:高森町山吹435-5
【電話】0265-35-5000
開館時間:9時30分~17時
休館日:毎週木曜、年末年始(12月29日~1月4日)
プレイルーム利用料:高森町にお住まいの方は無料/町外にお住まいの方はひと家族200円
※いずれも引率した大人の方の住所で判断します
ロフト利用料:個人利用 1回300円、団体利用 半日1500円・1日3000円

■anyjobエニージョブ
子育て中のお母さんや介護中の方などが在宅ワーカーとして所属。子育てブログやアプリの配信作業、テープ起こし、アンケートの集計などパソコンを使った仕事にチームで取り組みます。インターネット上で連絡を取り合いながら各自のペースで作業を進めるほか、定期的に「あったかてらす」に集まりミーティングや勉強会も行なっています。
住所:高森町山吹435-5
【電話】0265-35-5000
開館時間:9時30分~17時
休館日:毎週木曜、年末年始(12月29日~1月4日)
株式会社ファーストエレメント(担当伊藤/宮澤)
ホームページ:https://anyjob.work
電話:080-9996-4578

※高森町はもちろん他の地域の方も参加できます。気軽に問い合わせを。

■子育て相談室 こども家庭総合支援室
子育て相談室には「こども家庭総合支援室」の機能も併せ持っており、妊娠期から18歳までのお子さんをお持ちのすべての子育て家庭が、安心して自信を持って育児ができるよう、どんなお悩みや困り事にも心を込めて相談に応じます。保育園、学校に関すること、いじめ、非行、不登校に関することや子どもさんのことでなくてもお困りのことがあれば気軽にご相談ください。面接、訪問、電話などご希望の方法で相談に応じます。相談は無料、秘密は厳守します。
場所:高森町福祉センター1階
相談時間:月~金曜8時~17時30分
【電話】0265-35-9410(専用電話)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU