文字サイズ
自治体の皆さまへ

森の力再生事業の継続と森林(もり)づくり県民税の課税期間の延長のお知らせ

9/40

静岡県森町

静岡県は、荒廃した森林を再生し、山地災害の防止や水源かん養などの「森の力」を回復するため、平成18年度から、県民の皆様に森林(もり)づくり県民税を御負担いただき、森の力再生事業を実施してきました。事業は順調に進んでおり、これまでに約1万8千ヘクタールの荒廃森林の整備を行い、「森の力」は着実に回復しています。また、令和元年度の「森林環境譲与税」の創設後は、市町による地域の実情に応じた森林整備が始まり、県と市町はそれぞれの役割分担を明確にした上で、連携・協力しながら森林整備を進めています。
一方で、各地で集中豪雨の頻発により山地災害のリスクが高まっており、残りの荒廃森林の整備を速やかに完了させることが求められていることから、令和3年度以降も、事業を継続することとし、森林(もり)づくり県民税の課税期間を5年間延長し、令和7年度まで、御負担をお願いすることとしました。
荒廃森林を再生し、森の恵みを次世代に継承するため、引き続き皆様の御理解をお願いします。
森林(もり)づくり県民税は、次のとおり県民税均等割に加算されます。

◆個人 年額400円
1月1日現在で
・県内に住所がある方
・県内に事務所、家屋敷などがある方で、それらが所在する市町内に住所がない方
※令和7年度まで適用されます
※県民税均等割が課税されていない方は、非課税です
※県民税均等割1,900円のうち400円が森もり林づくり県民税です

◆法人 均等割額の5%
県内に事業所などを持っている法人等

※令和8年3月31日までに開始する事業年度まで適用されます

■期間
平成18年度分から令和7年度分までの20年間

■使いみち
・森林が持つ「森の力」を発揮させるため、緊急に対策が必要な荒廃した森林を対象に間伐等を行う「森の力再生事業」に使っています。
・整備した森林は、下草が地表を覆い樹木の種類が増え、着実に「森の力」が回復しています。
・令和3年度から5年間の整備計画では、約5,600ヘクタールの荒廃森林を再生します。

■森林環境譲与税との役割分担
市町は森林環境譲与税を活用して、地域の実情に応じた森林整備とその促進を行い、県は森林(もり)づくりの県民税を活用して緊急に対応が必要な荒廃森林の再生を推進します。

問合せ:静岡県経営管理部税務課
【電話】054-221-2337

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU