文字サイズ
自治体の皆さまへ

県からのお知らせ

6/8

新潟県

◆デジタル社会に欠かせない!「マイナンバーカード」を取得しましょう!
▽マイナンバーカードを健康保険証として利用できます!
医療機関や薬局の窓口で、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになります(※1)。自身の薬剤情報などを医師などと共有することで、より良い医療が受けられるなどのメリットがあります。
なお、利用するためには、マイナポータル等から健康保険証利用の申込みが必要です。

〈健康保険証利用のイメージ〉
どうやって使うの?
スッと置いてピッと認証!
とっても簡単!

・確定申告の医療費控除が簡単に!
・お薬手帳が不要!
・転職や引越をしても保険証としてずっと使える!
・正確なデータに基づく診療・薬の処方が可能
・窓口での限度額以上の医療費の一時支払いが不要 など

〈健康保険証以外にも、メリットがあるよ!〉
・土日でもコンビニで住民票などを取得可能!(※2)
・オンラインで行政手続が可能
例)児童手当の現況届(※2)、確定申告 など
・運転免許証と一体化 ※令和6年度末予定

(※1)県内では一部医療機関で運用中であり、今後も順次追加予定です。
(※2)利用できない市町村もあります。詳しくはお住まいの市町村にお問合せください。

・健康保険証利用申込み
・利用できる医療機関
※QRコードは本紙中面をご覧ください。

〈マイナンバーカードの安全性〉
・なりすましはできません
顔写真入りのため、対面での悪用は困難。

・マイナンバーを見られても悪用は困難
マイナンバーを利用するには、顔写真付き身分証明書などでの本人確認があるため、悪用は困難。

・電子証明書を使うため、オンラインの利用にはマイナンバーは使われません

・プライバシー性の高い個人情報は入っていません
ICチップ部分には、税や年金などの個人情報は記録されません。

〈万全のセキュリティ対策〉
・紛失・盗難の場合は、24時間365日体制で一時利用停止可能
・アプリ毎に暗証番号を設定し、一定回数間違うと機能ロック
・不正に情報を読み出そうとすると、ICチップが壊れる仕組み

▽マイナンバーカードの申請方法
スマートフォンから5分程度で簡単に申請できるほか、パソコンや郵便による申請が可能です。健康保険証としての利用の開始に合わせ、マイナンバーカードを取得しましょう!

問合せ:市町村課
【電話】025-280-5055

◆にいがたヘルスandスポーツマイレージ健康アプリ登場!
ウォーキング等の運動や健康を意識した行動でポイントがたまる健康アプリの運用を開始しました。ポイントは地域協力店で利用可能です。楽しみながら運動や健康づくりに取り組みましょう!

▽参加方法
(1)スマートフォン向けの健康アプリ「グッピーヘルスケア」をダウンロード
(2)アプリの左上の「+」ボタンから新潟県を選択し、登録
アプリのダウンロードはこちら
※QRコードは本紙中面をご覧ください。

▽ポイント付与項目(例)
・歩く 1日3,000歩 4ポイント
・体重記録 2ポイント
・スポーツイベント参加 100ポイント
・健康診断を受診 100ポイント
◎100ポイントごとに地域協力店で特典を受けることができます。
※特典はお店ごとに異なります。

問合せ:スポーツ課
【電話】025-280-5626

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU