文字サイズ
自治体の皆さまへ

ペットの災害への備え

16/27

三重県伊勢市 クリエイティブ・コモンズ

大規模な災害時には、飼い主がペットと一緒に避難(同行避難)することが想定されます。
しかし、避難所の限られた空間では、動物のアレルギーがある人や、動物が苦手な人なども避難しているため、自宅にいるときと同じ飼い方はできません。
そこで市では、ペットに関する避難・救援などをまとめた「災害時のペット対策のガイドライン」を作成しています。
このガイドラインは、市のホームページに掲載しているほか、市内の動物病院で配布しています。
まずは、災害が発生した場合にどこに避難するか、防災マップなどで確認し、どの道を通るのか、ペットをどのように連れていくか、考えておきましょう。

■災害に備えてペットのために用意しておく物
⃝フード・飲み水
食べ慣れた保存のきくフードと水(1週間分以上)、予備の食器
⃝ケージ(おり)・運搬用ケース(クレート、キャリーケース)
普段からケージなどに入れ、慣れさせておく
⃝鑑札・迷子札
犬は鑑札・狂犬病予防注射済票、猫は迷子札を首輪につけておく
⃝薬
薬が必要なペットは、予備の薬について獣医さんに相談しておく
⃝ペットの履歴書
⃝その他
予備の首輪やリード(引き綱)、ペットシーツ、古新聞、タオルなど

問い合わせ:環境課
【電話】21-5541【FAX】21-5642

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU