文字サイズ
自治体の皆さまへ

コロナに打ち勝つ 令和4年度 元気回復予算(3)

3/13

三重県四日市市

●4 交通・にぎわい
▽四日市市プレミアム付デジタル商品券事業費
予算額:21億8,200万円
新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛や営業自粛により落ち込んだ地域経済の回復や、市内の事業者のキャッシュレス化を図るため、市内で利用可能なプレミアム付デジタル商品券を発行します。

▽近鉄四日市駅周辺等整備事業
予算額:18億6,500万円
近鉄四日市駅・JR四日市駅周辺において、中央通りなども含めた駅前広場などの整備により、中心市街地の活性化や交通機能の向上を図ります。

●5 環境・景観
▽[拡充]環境計画推進事業
予算額:2,700万円
国の地球温暖化対策計画の改定(令和3年10月)、改正地球温暖化対策推進法(令和3年5月)に基づく再生可能エネルギーの利用促進に対応するため、第4期四日市市環境計画(地球温暖化対策実行計画)を見直します。

▽四日市公害判決50年関連事業
予算額:1億3,536万円
令和4年に四日市公害裁判から50年の節目を迎えることから、企画展を開催します。また、四日市公害と環境未来館の常設展示を第4期四日市市環境計画やSDGsを踏まえた新たな考え方、世界の環境施策などを反映するため一部改修します。

■6 防災・消防
▽南消防署整備事業費
予算額:6億7,542万円
本市の南部臨海地域における消防活動拠点の機能強化を図るため、令和元年度から4カ年事業として進めている南消防署について、改築工事を行います。

▽防災教育センターリニューアル事業費
予算額:1,510万円
VRなどの最新技術を駆使し、市民が災害をよりリアルに感じることができ、実践的な対応を学ぶことができる機材の導入や施設の改修などに向けた実施設計を行います。

■7 健康・福祉・医療
▽(新)認知症早期診断事業費
予算額:1,255万円
認知症は早期に発見し、適切な治療や支援につなげることで、進行および重症化を抑える効果があることから、高齢者が無料で簡易な認知機能検査を受診できる仕組みを整備し、認知症の早期診断を促進します。

▽新型コロナウイルス感染症対策事業費
予算額:4億3,544万円
新型コロナウイルス感染症の早期発見、拡大防止のため、予防方法や有症状時の対応について広く市民へ情報を発信するとともに、陽性判明後迅速に対応できるよう保健所の体制を強化します。
また、自宅療養となる人に対し飲料や医療機器の迅速な提供や、医療機関などにおける検査に要する費用、感染者の入院医療費を一部負担することにより、療養を支援します。

▽新型コロナウイルスワクチン接種・接種体制確保事業費
予算額:21億900万円
感染拡大防止および重症化予防の観点から、初回接種(1・2回目接種)を完了した人に対して、追加接種(3回目)の機会を提供するため、本市における接種体制の整備を行うとともに、初回接種も継続します。

この特集についてのお問い合わせ・ご意見は:財政課
【電話】354–8130【FAX】359–0275

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU