ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

〈特集〉皇學館大学×8市町 大学生が選んだグルメ&スポット「伊勢志摩のコレいいね!」2

2/28

三重県度会町

【明和町&玉城町】
◆古都の歴史を学ぶ
いつきのみや歴史体験館(明和町)
入館料無料で、平安時代の文化・技術・遊びなど、さまざまな体験が楽しめます。特に、十二単(ひとえ)などの装束(しょうぞく)の試着は記念写真付きで、貴重な体験とともに思い出を持ち帰ることもできます(有料・前日午後5時までに要予約)。
季節のイベントも充実。12月22日(日)は、大晦日(みそか)の宮中で疫鬼(えきき)や疫神(えきじん)を払う年中行事「追儺(ついな)のまつり」を開催予定です。1年の区切りを付け、新しい気持ちで新年を迎えませんか?
葱華輦(そうかれん)の試乗、貝覆(かいおお)いなどの8種類ほどの体験は無料です。
*子育て世代の皆さんも、気軽に訪れていただける体験館です!(1年 大井さん)

所在地:明和町斎宮3046-25
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
有料の体験に関する料金・予約方法など詳しくは、
「いつきのみや歴史体験館」で検索。

問合先:いつきのみや歴史体験館
(【電話】52-3890)

◆たこ焼きならぬ
アグリ焼き!(玉城町)
自然豊かな環境の中にある「ふるさと味工房アグリ」。おすすめはアグリ焼き!8個入り・400円。見た目はたこ焼きに似ていますが、たこの代わりに玉城が誇るブランド豚・玉城豚を使用。まずはソースをかけずにそのまま食べてみましょう。出汁(だし)のきいた生地とジューシーな肉の旨みが直接味わえます!
また、施設内では玉城豚はもちろん、地元産の新鮮な野菜・自家製ソーセージやパンなども販売しています。
自宅でお酒を飲まれる皆さんへは、「玉城豚ジャーキー」もおすすめです。
*一年を通して農業体験やイベントも開催しています!(1年 勝又さん)

所在地:玉城町原4254-1
営業時間:
・販売…午前9時30分〜午後6時
・食事…午前11時〜午後6時(午後5時ラストオーダー)
休業日:水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
※施設内での食事などには別途料金が必要です。
詳しくは、「ふるさと味工房アグリ」で検索。

問合先:ふるさと味工房アグリ
(【電話】58-8686)

【志摩市&南伊勢町】
◆日本最高級の絶景を空から味わう(南伊勢町)
伊勢志摩スカイダイビングクラブでは国立公園の自然を上空から楽しめます。
一番のおすすめポイントは、リアス海岸を上空から眺められることです!絶景に人生観が変わるかも…?未知の世界に飛び出す緊張感と、その後の爽快感を楽しみたい皆さん、ぜひチャレンジしてみてください!
※11月~翌年3月(予定)は、スカイダイビングはできません。
安全のため事前に必ずレクチャー(講習)を受け、地上約3,000mから、インストラクターと一緒に空中へ飛び出します!
「ハートの入り江」で有名な見江島展望台も絶景です!
所在地:南伊勢町道行竈(みちゆくがま)
*今回の体験は本当に夢のようでした!普段味わうことのない真上からの景色を堪能できました!この体験は一生忘れません!(1年 中川さん)

所在地:南伊勢町田曽浦124(田曽白浜センターハウス)
開催期間:4月〜10月(予定)
※詳しくは、伊勢志摩スカイダイビングクラブへお問い合わせください。
体験料金・予約方法など詳しくは、「伊勢志摩スカイダイビングクラブ」で検索。

問合先:伊勢志摩スカイダイビングクラブ
(【電話】0599-77-4526)

◆作ってびっくり!食べてびっくり!海の幸を堪能!
てこね道場(てこね寿司作り体験)(志摩市)
新鮮な海の幸が有名な志摩市にある磯体験施設「海ほおずき」では、てこね寿司作りが体験できます!ミニ桶(1人前)・1,200円、レギュラー桶(4〜5人前)・4,500円、大桶(6〜7人前)・6,600円。(3日前までに要予約)
盛り付けは自由。オリジナルのてこね寿司を作ることができます。また、スタッフの皆さんは優しく丁寧に教えてくれます。家族や友達と一緒に、My(マイ)てこね寿司を作って食べてみてください!
30分ほどで作れて気軽に体験できます!
*新鮮なカツオを、特製のタレに漬け込んで作るてこね寿司。とってもおいしいですよ!(3年 斎藤さん)

所在地:志摩市浜島町浜島465-14
体験開始時刻:午前11時〜・午後1時〜
※1日・全2回で、開始時間は調整可能です。
休館日:火曜日、年末年始
※夏休み期間中は無休です。
てこね寿司作り体験の予約方法など詳しくは、「海ほおずき」で検索。

問合先:磯体験施設「海ほおずき」
(【電話】0599-53-1002)

▼大学生 特集記事の制作を終えて
今月号の特集記事は、伊勢志摩地域唯一の大学である皇學館大学の学生の皆さんが、記事内容の企画・取材・原稿作成を8市町の広報担当職員と一緒に行いました。
制作を進める過程で、感じたこと・皆さんへ伝えたいことを聞きました。

○取材前に魅力再発見[企画内容の検討]
まちのことを詳しく調査することで、知らなかったことがたくさんあり、自分たちの住む地域の奥深さを感じました。
そして、この記事を読んで、実際に行ってみたくなるように、全員で考えました。

○人の温かさを実感[取材]
話を伺いながらの取材が多く、とても緊張しました。しかし、取材に協力していただいた皆さんはとても優しく、楽しく取材できました。

○思いを紡ぐ[原稿作成]
限られたスペースで表現し、少ない文字数で思いを伝えることの大変さを感じました。それとともに、取材したときの感動を皆さんに伝えるという使命感に、やりがいを感じました。

今後も、まちをより明るくするために、キャンパスから飛び出し、地域で学びながら活動を進めていきます!(3年 玉津さん)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU