文字サイズ
自治体の皆さまへ

「食の観光」京丹後ガストロノミカ2020 食で京丹後を盛り上げる

11/35

京都府京丹後市

アミティ丹後で10月26日、食の学会「京丹後ガストロノミカ2020」が開催されました。
この催しは、丹後の生産者や料理人など食に携わる事業者が、日々の生産、調理技術の発表・交流などを行うことで、互いの知識や技術の向上を図るとともに、参加者同士のつながりやビジネスを創出することを目的に実施。今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため入場制限を行い、オンライン中継を活用しました。
第1部では、畑や牛舎と会場を中継し、市内の生産者2人から丹後の風土が生み出す素材のおいしさや、生産へのこだわりなど現場の生の声が届けられました。
第2部では、市内外から招いた講師が、それぞれの取り組みやこだわりについて講演。奥田政行(おくだまさゆき)さん(山形県鶴岡市/イタリア料理店アル・ケッチァーノ代表)は調理を実演し、その技術を参加者に伝えました。最後に、丹後で食に携わる4人の事業者が「10年後の美食都市京丹後について」をテーマにトークセッションを行い、参加者からは「料理技術は目から鱗だった」「学びの多い一日だった」と感想が寄せられました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU