文字サイズ
自治体の皆さまへ

Pickup★(ピックアップ)

16/38

京都府京丹後市

■花のプランターを進呈
12月8日、弥栄庁舎で清新高校の生徒による花のプランターの進呈式が開催されました。
この取り組みは、花を植えたプランターを公民館などの公共施設に設置し、地域の皆さんに花を見て喜んでもらいたいと、弥栄町区長連絡協議会に同校の生徒が要望したことをきっかけに行われたものです。
進呈式後は、同校の生徒と同協議会などが交流を目的に座談会を実施。座談会では各地区と同校が積極的に連絡を取り合い、地域のイベントや活動への参加を呼び掛け合うなど関係性を深めることを共有しました。1年生の今いま井い翔と愛あさんは「地域の皆さんが若い世代とのつながりについて思っていることや感じていることを聞くことができて良い経験になった。今後、地域とのつながりが深まるのが楽しみです」と話していました。

■秋空の下で内山ブナ林の観察会
11月1日、大宮町の内山ブナ林で紅葉のブナ林観察会が開催され、42人が参加。当日は天候に恵まれ、雄大なブナ林から木漏れ日が降り注ぐ様子に、初めて参加した子どもたちは、目を輝かせていました。また、今年は夫婦での参加者も多く、少し急な斜面では、手を取り合って登り、ブナ林散策を楽しんでいました。
山頂付近で昼食を食べた後は、幹回り約4メートルに成長した大ブナを観察。登山時とは別のルートで下山しながら、ブナ林を堪能しました。参加者たちは、内山のブナ林に触れることで、豊かな自然環境とそれを守りつないでいく重要性を再確認していました。

■ソプラノ歌手と交流会
11月23日、田中彩子モノオペラ(細川ガラシャ)京丹後公演実行委員会は、未来ある子どもたちの「出会い」や「きっかけ」の場となるよう、峰山こども園でソプラノ歌手の田中彩子(たなかあやこ)さんとの交流会を開催しました。
田中さんは舞鶴市出身で、現在はウィーンを拠点とし、主に欧州でソプラノ歌手として活躍。今回が初の交流会となりました。
当日は、市内の子どもとその保護者の計57人が参加。田中さんは自身の生い立ちなどを話し、「星に願いを」など全4曲を披露。参加した子どもたちは歌に聴き入り、「声が高くてきれいだった」「全部の歌がよかった」と話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU