ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

確定申告期間が始まります 申告期限は3月15日(水)まで!

1/100

京都府木津川市

平成28年中(平成28年1月1日~12月31日)の収入・所得の申告期間が始まります。
申告会場を利用する方は、会場によって期間や申告の種類が限られますので、確認の上、来場してください。
問い合わせ 宇治税務署TEL 0774‐44‐4141 税務課TEL 75‐1203

◆申告には個人番号(マイナンバー)が必要です!
今年の申告から、申告者および被扶養者の個人番号の記入が必要です。
市主催会場にて確定申告書を提出される場合、「個人番号カード」(両面)の写し又は「個人番号通知カード+本人確認書類」の写しの添付が必要ですので、必ず用意の上、来場してください。
※被扶養者の個人番号は、書類添付の必要はありませんが、申告書への記入が必要です。

◆相楽統一会場(いずみホール)
税理士による確定申告の相談・申告会場です。
初めて住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)の申告をされる方は、こちらの会場が便利です。
日時:2月9日(木)~15日(水) ※土・日を除く 受付 午前9時~午後3時 相談 午前9時30分~正午、午後1時~4時
場所:いずみホール(中央交流会館)
内容:「土地・建物・株式等の譲渡所得」「贈与税」「相続税」に関する相談はできません。

◆宇治税務署会場(宇治税務署)
確定申告全般の相談・申告会場です。
日時:2月16日(木)~3月15日(水) 受付 午前9時~午後4時 相談 午前9時~午後5時
※土・日を除く。ただし、2月19日(日)および26日(日)のみ申告相談が可能です。また、混雑状況により待ち時間が長時間になる場合や、受付を早め(午後3時頃)に終了する場合があります。
場所:宇治税務署
その他:税務署および税務署近隣ではコピーサービスが利用可能な施設はありません。写しが必要な場合は、あらかじめ用意してください。

◆市民税・府民税申告会場(木津・加茂・山城)
主に市民税・府民税申告の相談・申告会場です。
・市役所1階「住民活動スペース」 2月16日(木)~3月15日(水) ※閉庁日を除く。
・加茂文化センター2階「研修室」 3月8日(水)~10日(金) ※例年非常に混み合います。市役所会場もぜひ利用してください。
・山城支所別館「ホール」 3月2日(木)・3日(金)
日時:各会場共通 受付 午前9時~午後4時 相談 午前9時~11時30分、午後1時~4時
内容:「土地・建物・株式等の譲渡所得を含む申告」「青色申告」「初年度の住宅借入金等特別税額控除」「過年度分の申告」等に関する相談はできません。
その他:営業・農業・不動産収入のある方は、あらかじめ収入や必要経費を整理・計算して、必ず収支内訳書等を作成の上、来場してください。

◆申告が必要です!もう一度確認してください
★国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険の被保険者の方
無収入の方や、非課税年金(障害基礎年金や遺族年金等)を受給されている方は、申告が必要です。申告がない場合、保険税(料)が仮算定額となり、申告された場合よりも高額となってしまうことがあります。
保険税(料)の算定方法の詳細は、各担当課へ問い合わせてください。
★公的年金収入が400万円以下の方
公的年金収入が400万円以下で、その他の所得が20万円以下の場合、所得税の申告は不要です。
ただし、公的年金等源泉徴収票に記載のある所得控除以外に控除(口座振替や納付書で納付された社会保険料、生命保険料や扶養など)がある方は、申告されないと市民税・府民税に反映できません。

◆確定申告書等作成コーナー@国税庁HP URLhttps://www/keisan.nta.go.jp
自宅のパソコンで確定申告書を作成することができます。作成操作は簡単で、税額計算も自動です。操作方法や申告内容で不明な点がある場合は、ヘルプデスクや確定申告コールセンターへ電話で問合せもできます。
自宅で作成・印刷された確定申告書は、添付書類と一緒に提出することで、手続きは完了します。
e‐Tax・作成コーナーヘルプデスク TEL 0570‐01‐5901
確定申告コールセンター(1月10日~3月15日) TEL 0774‐44‐4141(音声案内に従って「0」)
提出先 宇治税務署 〒611‐8588宇治市大久保町井の尻60‐3

◆申告の際の注意
・医療費控除を受ける方は、支払医療費と補てん金の明細を作成の上、来場してください。 ※領収書は原本を添付の上、提出してください。
・ふるさと納税ワンストップ特例の申請をされている方は、確定申告または市民税・府民税申告をされる場合、申告書が優先です。必ず、ふるさと納税も申告してください。
・申告会場に来場するときは、できる限り、公共交通機関での来場をお願いします。
持参するものは、
・収入や所得の分かるもの(源泉徴収票、収支内訳書など)
・控除の証明(社会保険料の納付証明、生命保険料控除証明など)
・身体障害者手帳等
・印かん
・申告者本人の金融機関の口座が分かるもの(還付の場合)
・申告者のマイナンバーカード(又は通知カード+本人確認書類)の写し
・被扶養者のマイナンバーが分かるもの
※各会場の混雑状況の問合せには対応できません。

申告期間を過ぎて申告される場合、一部適用できない控除等があります。
申告は必ず、期間内に余裕をもって提出してください。

申告会場スケジュール
image_1

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル