文字サイズ
自治体の皆さまへ

免除・納付猶予制度の申請を!

13/78

京都府木津川市

保険料を未納のままにすると、老齢基礎年金や、障害基礎年金、遺族基礎年金を受け取ることができない場合があります。そのような状況を防ぐため、保険料が免除または猶予される制度があります。

◆申請手続きの流れ(令和4年7月~令和5年6月分の申請)
国民年金保険料免除・納付猶予申請書

国保年金課窓口または京都南年金事務所で受付(郵送も可)

日本年金機構で審査、後日ハガキで結果通知が届きます。
※審査期間中に催告状などが届く場合もあります。

◆令和3年度に全額免除または納付猶予が承認
継続希望の方:申請の必要はありません。
継続希望無し:令和4年7月以降にあらためて申請が必要です。

◆令和3年度に一部免除及び不承認の方
令和4年7月以降にあらためて申請が必要です。
※一部免除の場合は、減額した保険料を納めないと未納期間となりますので、必ず納付ください。また、所得によって審査をしますので、対象者の所得を申告ください。
持ち物・必要なもの:
・個人番号(マイナンバーカード又は通知カードと本人確認できるもの)又は、基礎年金番号のわかるもの
・退職(失業)による特例により申請する場合は、雇用保険受給資格者票や雇用保険被保険者離職票などの写し

◆免除期間の保険料は、後から納めることができます
・一部免除の減額した保険料は、2年を超えると納められません。
・免除や猶予された期間は、将来受ける年金額が少なくなりますが、10年以内であれば、免除された保険料を追納できます。その場合、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

◆新型コロナウイルスにより収入が減った方へ
保険料を納付できない場合は、臨時特例免除制度を申請できます。
対象:以下の要件をすべて満たす方(対象期間令和4年7月分~令和5年6月分)
・新型コロナウイルスにより、令和2年2月以降に収入が減少したこと
・令和3年1月以降に見込まれる所得が、保険料の免除基準相当になることが見込まれること
持ち物・必要なもの:所得の申立書(申請書・申立書は、日本年金機構のホームページからダウンロードできます。)

問合せ:
国保年金課【電話】75-1214
京都南年金事務所【電話】075-644-1165

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU