ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(3)

4/8

宮崎県えびの市

■多量のごみを排出する際は、市内の許可業者に依頼することもできます
家庭から排出されるごみは、ゴミステーションに出すか、直接美化センターに持ち込むようお願いしています。
しかし、引っ越し等により一度に多量のごみをゴミステーションに出すと収集しきれない恐れがあります。
多量のごみを排出する際は、直接美化センターに持ち込みをお願いします。
なお、各家庭から排出されるごみは、指定袋に分別したうえで、市内にある許可業者に運搬を依頼することができます。許可業者に運搬を依頼する際は、料金を確認してお申し込みください。

▽市内にある許可業者
有限会社飯野運送【電話】33-0605
有限会社弓場造園土木【電話】35-0024
有限会社アポロ【電話】37-3100

※美化センターに直接持ち込んだ際、指定袋に分別されたごみには処理手数料が掛かりません。しかし、粗大ごみを持ち込んだ場合は、10kg当たり180円の処理手数料が発生します。

問合せ:市美化センター
【電話】35-5782(直通)

■道路への倒木・枝の張り出しにご注意ください
道路に竹木が張り出して、通行の支障になったり、標識が見えづらくなったりしている箇所では、事故発生の危険があります。また、それがもとで事故が発生すると、竹木の生えている土地の所有者に責任を問われる場合があります。
道路沿いの土地の所有者は、竹木の伐採や枝払いなど適正な管理をお願いします。強風や大雨の後は、木が倒れたり、折れた枝が垂れ下がったりしやすいので、特に注意してください。なお、緊急時は、道路通行の支障となる竹木などを予告なく伐採・撤去することがありますので、ご理解をお願いします。

問合せ:
市建設課(市道)【電話】35-3724(課直通)
小林土木事務所(国・県道)【電話】23-5165(直通)

■再造林にご協力をお願いします
市では、伐採後の再造林を推進しています。近年、多くの森林が主伐期をむかえており、市内でも伐採が進んでいます。その一方で、伐採後の再造林が低下しており、この状況が続くと森林の持つ公益的機能の低下や人工林資源の減少、林業・木材産業の縮小などが危惧されます。
国土の保全には、伐採後の再造林を行うことが必要です。大切な森林資源を次世代に継承するため、再造林のご協力をお願いします。
※再造林を行う場合は、補助金が支給されます。

問合せ:市農林整備課林務係
【電話】35-3725(課直通)

■メジロなどの野鳥は自然の中で楽しみましょう
かつては、メジロなど限定された野鳥に限り、愛玩(ペット)目的で捕獲することが特別に認められていましたが、野鳥は自然の中で力強く生きているあるがままの姿を見守り、見て楽しむものという観点から、宮崎県内では平成24年4月1日以降、愛玩目的での捕獲・飼養は許可していません。違法に捕獲・飼養した場合は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」により罰せられます。

鳥を飼いたいという人は、ペットショップなどで正規に販売されている鳥を購入してください。

▽ソウシチョウについて
特定外来生物の「ソウシチョウ」であっても、野生で生息している野鳥であり、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」の対象となりますので、ご注意ください。なお、ソウシチョウは「外来生物法」に基づく特定外来生物に指定されているため、飼育、運搬等が規制されています。

問合せ:市農林整備課林務係
【電話】35-3725(課直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

お知らせ(3)

25/49

佐賀県吉野ヶ里町

■職業訓練11月入所生募集

募集期間:9月3日(月)~10月3日(水)
入所選考:10月10日(水)
※筆記及び面接。
訓練期間:(1)11月6日(火)~5月28日(火)、(2)11月6日(火)~2月27日(水)
受講料:無料
※テキスト代等は自己負担
応募資格:新たな業種の求職者で、ハローワーク所長より受講指示、受講推薦等を受けた人
申込方法:最寄りのハローワークで相談の上、応募書類を同所に提出してください。
問合せ:ポリテクセンター佐賀訓練課【電話】26-9516

■水じゅんかんフェア~守ろう!さがん水~
豊かな川や海の環境を守り、未来へ引き継いでいくためには、下水道や浄化槽等の役割が大切です。下水道や浄化槽の役割を楽しくわかりやすく学べる体験型イベントを、下水道の日(9月10日)、浄化槽の日(10月1日)にあわせて開催します。
日時:9月8日(土)~10日(月)、9月29日(土)~10月1日(月)
場所:佐賀県立図書館南側広場
※下水由来の肥料の無料配布や微生物の観察、マンホールコースター等を配布!
問合せ:佐賀県下水道課【電話】25-7185

■電気器具による火災を防ぎましょう
電気器具は、使っている人の不注意や誤った使い方で火災になってしまうので、次のことに注意しましょう。
(1)電気器具を使っていない時はコンセントを抜く。
(2)電気器具の近くに燃えやすいものを置かない。
(3)コンセントにほこりが溜まらないようにこまめな掃除を心掛ける。
(4)電源プラグはしっかりと差し込み、抜くときはコードを引っ張らない。
(5)たこ足配線は絶対にやらない。
(6)テーブルタップを使用する場合は、電気容量を守る。
(7)傷んだ電気コードは使わない。
(8)家具等でコードを踏まない。
(9)電気コードを束ねた状態で使わない。
問合せ:佐賀広域消防局予防課【電話】33-6765

■第12回佐賀アディクションフォーラム~依存症は回復可能な病気である~
お酒・パチンコなどのギャンブル・薬物などの依存症は専門医療機関や地域の相談窓口、自助グループにつながり、様々な助けを借りることで回復可能な病気です。依存症でお悩みの本人や家族、医療や行政の支援者の皆さん、回復方法を知る機会です。参加をお待ちしています。
日時:9月30日(日)12:30~16:30
場所:西九州大学神埼キャンパス3号館
内容:
講演「依存症は回復可能な病気である」/講師:武藤岳夫先生(肥前精神医療センター精神科医長・依存症治療センター長)
お酒・ギャンブル・薬物の依存症当事者や家族の体験談/テーマ:「回復につながった初めの一歩」
自助グループのミーティング(初めての参加・見学可能)
※参加費無料、申込み不要問佐賀県精神保健福祉センター【電話】73-5060

■難病患者・家族交流会、個別相談会
相談日と内容:
9月18日(火)脊椎疾患後縦靭帯骨化症等
10月9日(火)神経系疾患脊髄小脳変性症、多系統委縮症等
10月16日(火)パーキンソン病関連神経難病含む
10月24日(水)膠原系疾患全身性エリテマトーデス、強皮症等
交流会:13:30~15:00(定員なし)
相談会:15:00~15:30(先着3人)
会場:佐賀県難病相談支援センター(佐賀県駅北館2階)
相談料:無料
問合せ:佐賀県難病相談支援センター
受付:10:00~18:00※月曜休館【電話】97-9632

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU