ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 負担にならないような歩幅で、私もいっしょに。里山ICT能開学校(2)

3/55

兵庫県上郡町

■気持ちの整理ができないから
この学校に踏み出せたあと、「就職とか、これからどうするの?」といったことは、タイミングを見て言わないといけないですね。来て少ししか経っていないところで言ってしまうと、私との関係がだめになってしまう。だから、「この”尾鼻”という人間は、なんか違うな」っていうような関係づくりを、まずはしっかりやっていく。そうすれば、自分から話してくれるんですよ。
ちょうど今来ている子が、昨日「一人暮らししたいです」って言ったんです。もうすぐ、来て3年になるんです。やっとですよ!自分から。多分、私から焦らすようなことを言っていたら、だめなんですよね。
時間はかかるかも知れないけれど、どこかで階段を上がってくれる。そのタイミングがどこかにあるんです。そのタイミングが来るまで、じーっと待っているんです。

私はその間、親のブレーキ役になるんです。ご家族は「早く立ち直らせてほしい」ということを言われるんですよね。ですけど、私は「それを言ってしまうと、学校に来なくなりますよ」って伝えるんです。とりあえず来て、来れている状態を維持することが大事。元の状態に戻ると、「もういやだ」となってしまうので。
本人もわかっているんです。頭で考えているから。それを言葉にできない、行動にできない。人間、困っていることを相談して、相手に言われて「そんなんわかってるわ」っていうことあるじゃないですか。たとえば異性関係で、うまくいかなかった。「男も女もいくらでもいるやん」「そんなんわかってるわ!」っていう話と同じです。
気持ちの整理ができないから、悩んでいるんです。だから、新しい彼氏や彼女を見つけたらって言われても、簡単にできたら苦労しないよって思うのと同じですよね。

■支援ってなんだろう
いろんな悩みのなかで、「支援ってなんだろうな」って考えるんです。10人いれば、10通りの支援の仕方がある。
でも、引きこもりの子だから特別ではなくて、みんな違って当たり前なんですよね。家族でもそうでしょう。毎日顔を合わせて「今日、ちょっと言葉を選ばなあかんな」とか「今日は、結構好きに言ってよさそうやな」というのと同じなんです。そこを常に考えながら、一緒に歩んでいく。
この学校で言うと、しんどそうにしていたら、「(請け負っているホームページ制作の)写真を撮りに行こうか」なんて声をかけて「この時季ベストやな」とか話すんです。
やっぱり恵まれた自然環境に助けられます。そこが、都会と違うところ。暑い寒いを感じられるのは良いことですね。

以前、私は車で学校まで来ていたんですけど、特にすごく寒い冬でした。マイナス8度だったと思います。そんななか、佐用から50分かけて原付(原動機付自転車)で来ている子がいたんです。それで私、車なんか乗ってたらあかんなと思って、バイクで来はじめたんです。自宅から10分くらいですけど、マイナス8度のなかを走っていたら、学校近くの標識が見えた時点で、手が痛くて痛くて、仕方ないんです。
そんななか佐用から50分かけて原付で来ている子がいたら、「今日寒いね」なんて整然とした言葉は出ないですよ。「今日、痛いな!」って言ったら、やっぱり通じるんですよ。「よくこんななか50分辛抱したなぁ!」っていう会話になるんです。
そういう風に、身をもって自分も同じような環境に持って行く、それが大事だと私は思っています。そうでないと、「この人が言っていることをとりあえず受け止めてみようか」って思ってくれないんです。世間一般の、整然としたことを言っても届かないですよね。さっき言ったように、みんなわかっているんですから。本人の気持ちに立って考えていく必要があると思います。本人が悩んでいる部分に共感していくことが大切ですね。すると、やっぱり変わっていくんです。

■あたらしい居場所
この学校を卒業して、就職した子もいます。仕事が終わってからでも、どこかで時間を使ってから帰ってくるらしいんです。ご家族からすれば、そこが喜びみたいですね。会社の行き帰りで、その子の世界が他にもできた。社会に出たことで違う居場所を見つけてくれたって。
自分の働いたお金で家族にプレゼントしたりもして、やっぱり「思いやる」気持ちが大きいかなと思いますね。今までは、その子の面倒を見ていたのが、気遣ってもらえるようになった。180度違いますよね。
人間が本来持っているパワーを出させてあげることが大事だと思っています。共感することで、抑圧で満たされていた気持ちをどうやって出してあげるか、そんなことを考えながら接しています。
専門学校時代の経験がなかったら、若い子が苦しんでいるという気づきがなかったら、多分今、引きこもり支援はしていないと思います。
やっぱり「共感」が、私の根底にありますね。

■電子居場所
対面でのコミュニケーションや外出することが苦手な人など、引きこもりの状態にある人が、自宅にいながら他者と直接会うことなく、安心して会話できる電子媒体上の居場所。
仲間づくりや社会とつながるきっかけを作り、社会参加を支援する。
支援期間:支援中~令和3年3月31日(1年更新)
支援内容:カウンセリング・プログラミングホームページ制作など
支援料:無料(通信機器、通信費など実費あり)

問い合わせ:
【E-mail】obana@tiikisaisei.or.jp【電話】090-1147-0602(尾鼻さん)

■里山ICT能開学校
兵庫県赤穂郡上郡町野桑1303番地
ホームページ【URL】http://tiikisaisei.or.jp

問い合わせ:【E-mail】toiawase@tiikisaisei.or.jp【電話】0791-55-9499、090-1147-0602(尾鼻さん)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU