ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 モロげんきくん健康ポイント

3/40

兵庫県上郡町

すべての町民が健康でこころ豊かに暮らせるまちを目指して

平成27年度から健康づくりに取り組んだ町民に健康ポイントを付与する制度を開始し、健康づくり活動を支援しています。
これまで、2,026人が制度に登録し、多くの団体、地域コミュニティの協力で事業を行っています。
無理なく参加できる事業、イベントを見つけ、体を動かすことを習慣づけましょう。健康ポイントをためる楽しみ、体が健康になる喜びを感じてください。

■健康のために取り組んで、応援券(商品券)がもらえる これってすごくお得ですよね
▽ステップ01
「上郡町モロげんきくん元気帳」を手に入れる
発行場所:保健センター、健康福祉課、スポーツセンター、地区公民館
対象:町内在住・在勤で18歳以上の人(高校生は除く)

▽ステップ02
健康ポイントを付与する対象事業に参加し、ポイントをためる

▽ステップ03
100ポイント貯めて、1,000円分の応援券(商品券)と交換
引換券交付場所:保健センター、健康福祉課
※元気帳を引換券と交換してもらいましょう
応援券交換場所:会計課
※引換券を出して、応援券をもらいましょう
応援券(商品券)は、上郡町商工会が登録した商店で使用できます。
お釣りは出ません。
引換券の交換は、同一年度中に3枚まで行うことができます。

■団体登録・事業実施するには
自治会、事業所、各種団体も健康ポイントを付与する事業を事前に保健センターで登録できます。(健康福祉課、スポーツセンター、各地区公民館でも登録申請書の受け付けができます)

ポイントがもらえる事業一覧や応援券(商品券)が使えるお店の一覧など詳しくは、
HP検索:上郡町 健康ポイント制度

■事業参加者の状況
このデータは、平成31年2月22日現在のアンケート結果をもとに掲載しています

▽年齢層

▽体調・健康意識の変化

▽運動する量や回数の変化

▽病院に行く回数の変化

▽継続年数

年齢層は、60代、70代が多く事業に参加しています。
運動する量や回数の変化は「増えた」人が多く、普段から運動を行っている人も事業に参加することで、さらに運動量が増えていることが分かります。「変わらない」と答えた人も多く、所属団体のみの活動で終わっている可能性があります。
体調の変化では「良くなった」と、参加者の体調には変化が現れています。
仕事をしている30代、40代、50代の参加人数が少ないのが現状です。
しかし、この年代から、この事業に参加することで、運動を習慣づけ、生活習慣の改善に役立ててはいかがでしょうか。そして、健康意識の向上を図り、健康寿命の向上を図りましょう。

■参加者の声
・参加することが楽しみになった
・健康診断の結果が良くなった
・明るくなった
・皆さんとふれあう機会が増えた
・外出が増えた
・あがらなかった手がリハビリと体操で治りが早かった
・仲間が増えた
・区民の交流による親睦により知人が増えた
・よく眠れるようになった
・風邪をひかなくなった
・脛の痛みがよくなった
・運動後に空腹となり、食事量が増えた
・足の痛みが軽減した
・ポイントをためるために運動量が増えた
・身体を動かすことが楽しくなった
・足・腰が丈夫になった
・身体が軽くなった
・運動する機会が多くなった
・身体が引き締まった
・肩こりが楽になった
・話のネタになる
・血圧が正常になった
・病気にならなくなった
・朝がすぐ起きられる
・健康な状態を保っている
・歩くのが楽しい
・血圧も安定している
・心がさわやかになる

■まだまだあります健康づくり事業
▽円心ウォーク百万歩運動
ウォーキングは、生活習慣病、肥満、老化防止、ストレス解消、骨粗しょう症対策に効果があります。専用の記録用紙に、毎日の歩数を記録し、「モロげんきくん健康ポイント」をためましょう。
対象:町内在住・在勤のおおむね20歳以上の人
記録用紙設置場所:健康福祉課、保健センター、スポーツセンター、生涯学習支援センター、各地区公民館

■朝ごはんの推奨
若い世代の朝食を食べない習慣をなくし、毎日の規則正しい生活リズム、健全な食習慣、食事のバランスの大切さを知ってもらうために、各事業を実施しています。

■疾病予防(健診・予防接種)の推進
町ぐるみ健診やがん検診、予防接種を推進するとともに、健康教室や保健指導を行っています。

問合せ:保健センター
【電話】52・2188

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル