ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域おこし瓦版 第55回

5/27

兵庫県宍粟市

今月の担当 小鹿由加里さん
元地域おこし協力隊の小鹿由加里です。おかげさまで8月末に任期満了となりました。初めて繁盛へ訪れた時に「ここは何もないが、人だけはいいから」と聞いていました。本当にそのありがたみに支えられた3年間でした。宍粟市での暮らしは、地域全体がまるで家族のように温もりを感じられることや、毎日ほどほどに誰かと出会えたり、話すことができる日々でした。今年はコロナによって「密」がNG視され、ソーシャルディスタンスなど、人と人とを近づかせないようにする習慣化が起こりつつありますが、人同士の親密さまでが削がれないか危惧しています。特に子どもたちがこの状況を当たり前に感じて大人になることへの危機感を抱きます。そうした危機感を持った都市部の人々が、これから地方が持つコミュニティの親密さを求めてくるのではないかと考えたりしました。もちろん過疎であることは課題が多いのですが、今後の10年間は過疎=問題ばかりとは言い切れない状況へと転じるのではないかと思っています。繁盛地区や宍粟市でのたくさんの出会いと経験は、これまでの人生では得られなかった多くの気づきをいただきました。ひきつづき繁盛に住みながら、今後の暮らし方や活動を作っていこうと思っています。

問合せ:市民協働課
【電話】63-3123

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU