文字サイズ
自治体の皆さまへ

豊かな心と健やかな体を育む地域と連携した教育・文化のまち(1)

4/21

北海道 様似町

■令和3年度 教育行政執行方針
◆はじめに
当町では、令和3年度を初年度とする「第2次様似町教育大綱」を策定し、「豊かな心と健やかな体を育む地域と連携した教育・文化のまち」の基本理念のもと、子どもたちが時代の変化に力強く対応できる人材へと成長していくことができるよう、学校・家庭・地域が一体となって、本町の教育の充実と発展に取り組んでまいります。

◆1.幼児教育・保育の推進
◇「運動あそび」や「リトミック」
全身を使った「運動あそび」や「リトミック」などを通して体幹を鍛え、体力・運動能力の向上に取り組んでいきます。

◇「英語遊び」、「もじ・かずタイム」
国際交流員(CIR)による「英語遊び」、文字や数に興味を持ってもらう「もじ・かずタイム」を継続して取り組んでいきます。

◇体験活動
「自然体験(ジオ学習)」や地場産業に触れ、自ら体験する機会を設け、豊かな心と郷土愛を育んでいきます。

◇子育て支援事業の充実
各種行事や子育て支援事業の充実を図るとともに、放課後児童施設「ひ・ま・わ・り」を活用し、安全・安心な環境の中で健全育成に努めていきます。

◆2.学校教育の推進
◇学力の向上
学習状況の把握・分析と、学習指導方法の改善を検証し、児童生徒の学力向上を図るため、組織的な取り組みを推進していきます。

◇小中一貫教育
小・中学校の9年間を見通した学習のつまづきポイントの共通認識を積み重ね、学校種の垣根を越えた教職員による指導体制を図る「小中一貫相互授業」や小学校における教科担任性の導入などに力を注ぎます。

◇ICT機器を活用した学習
昨年度、小・中学校での高速大容量のLAN環境を整備、また、児童・生徒一人1台のPC端末の導入が整ったので、ICT機器を活用した教育環境により、学習の充実を図ります。

◇コミュニティ・スクール
よりよい様似町型コミュニティ・スクールの安定的継続に向けて、幼児センターから小・中学校までを1つの枠組みとした「学校運営協議会」を組織して、学校・家庭・地域が連携・協働する取り組みの充実を図ります。

◇ふるさと教育
「様似」を知る・愛する「ふるさとアポイ学」として、小・中学校9年間それぞれの場面で総合学習として取り組みを推進していきます。

◇英語教育
小・中学校に配置している外国語指導助手を効果的に活用し、子どもたちが異文化への理解を深めるとともに英語を通して、コミュニケーション能力を高めることができるよう、外国語教育のさらなる拡充に努めます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU