ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

税務課から

4/31

北海道別海町

【固定資産税の縦覧が始まります】
縦覧制度とは、自分の資産の評価額が適正であるか客観的に判断するため、他の資産の評価額と比較できるように、土地と家屋の固定資産価格の帳簿をご覧いただく制度です。
なお、縦覧には、地番の指定が必要です。
縦覧できる内容:
【土地】地目、地積、評価額など
【家屋】建築年、床面積、評価額など
縦覧できる人:固定資産税の納税者、委任を受けた代理人、固定資産の共有者です。
なお、縦覧には運転免許証などの本人確認ができるもの、代理人の場合は委任状が必要です。
縦覧期間:4月1日(月)から7月1日(月)
※土曜日、日曜日、祝日を除く
縦覧の代金:無料です。なお、縦覧期間中は自分の資産の閲覧も無料です。
縦覧場所:役場税務課窓口、各支所
価格に不服のある場合:縦覧期間の初日から納税通知書の交付を受けた日後3カ月以内に、文書で固定資産評価審査委員会に審査の申し出をすることができます。

問合せ:課税担当
(内線1111・1114)

【国民健康保険税の納め忘れはありませんか】
平成30年度の国民健康保険税については、2月28日で全ての納期が終了しました。いま一度納め忘れがないかご確認いただき「納付したか分からない」「納付書を紛失してしまった」「事情があってすぐに納付ができない」などの場合は下記担当までご連絡ください。
また、平成30年度分の町税滞納者に対して、4月中旬に町税催告書を送付します。納め忘れや諸々の事情があるかと思いますが、速やかに納付できない場合は必ずご相談ください。納税や相談が無い場合は滞納処分が執行されます。

納税には納め忘れのない口座振替をお勧めします

問合せ:収納対策担当
(内線1115・1116)

【軽自動車税に係る届出について】
◆廃車の手続きなどはお済みですか
軽自動車税は、毎年4月1日現在に軽自動車等(原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪小型自動車)を所有している方に納めていただく税金です。自動車税と異なり、軽自動車税には月割課税制度がありませんので、4月1日現在に所有している方のみに課税されます。4月2日以降に軽自動車等を所有した場合、その年度は課税されませんが、4月2日以降に廃車等をしてもその年度の税金は全額納めていただくことになります。
今後使用予定が無い車を持っている方、または廃棄、譲渡、紛失等の事情で所有する軽自動車等がお手元に無い方で手続きが未了の場合は、来年度以降も課税されることになりますので、廃車等の手続きを済ませてください。なお、軽自動車等の手続きについては、車種ごとに届出先が違いますのでご注意ください。

◇原動機付自転車(125cc以下)および小型特殊自動車(トラクター、フォークリフトなど)
手続きに必要なもの:
廃車する場合
(1)標識(ナンバープレート) 
(2)標識交付証明書 
(3)印
譲渡する場合
(1)新・旧所有者の印鑑 
(2)旧所有者の標識交付証明書
(3)標識番号を変更する場合は標識
※標識等がない場合は、届出先へお問い合わせください。
届出先:
・税務課窓口
【電話】75-2111
(内線1111・1112)

・西春別支所
【電話】77-2131

・尾岱沼支所
【電話】86-2166

◇軽自動車(250cc以下の軽二輪、660cc以下の軽四輪)
手続きに必要なもの:届出先にご確認ください
届出先:釧路軽自動車協会 
釧路市鳥取大通6丁目1番1号
【電話】0154-51-0745

◇二輪小型自動車(250ccを超えるもの)
手続きに必要なもの:届出先にご確認ください
届出先:釧路運輸支局 
釧路市鳥取大通6丁目2番13号
【電話】050-5540-2005

問合せ:課税担当
(内線1112)

【自動車税の住所変更をお忘れなく】
自動車税は、4月1日現在の登録に基づいて課税される税金です。
平成31年度の自動車税納税通知書を確実にお届けするために、3月中に各種手続きをお願いします。
◇運輸支局で登録手続きが必要な場合
・住所が変わったとき(変更登録)
・自動車を売買したとき(移転登録)
・自動車を使用しなくなったとき(抹消登録)

◇変更登録が間に合わない場合
札幌道税事務所自動車税部にご連絡いただくか、道税ホームページから自動車税の住所変更手続きが可能です。

・札幌道税事務所自動車税部
【電話】011-746-1197

・道税 
【URL】http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/zim/address/index.htm

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階