ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集:新型コロナウイルス感染症対策(独自事業)(1)

1/18

北海道奈井江町

【新型コロナ感染症に負けないえがおで暮らせるまちへ 町独自の各種支援事業】
■様々なピースを組み合わせ感染症に強いまちへ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の休業、イベントや行事の中止・延期、不要不急の外出自粛により町内の飲食店をはじめ、多くの業種で影響が出ています。

奈井江町では、住民生活の安定や経済活動の回復を図るため、4月以降、5回にわたる補正予算を編成し、国、北海道と連携しながら、町独自の緊急経済対策を実施してきました。
また、先月、国の第2次補正予算により追加交付が決定された「地域創生臨時交付金」などの補助事業を有効活用しながら、引き続き、町内各事業者の事業継続や「新しい生活様式」を取り入れた「新北海道スタイル」の構築、感染予防、社会経済活動の活性化に取り組んでいきます。

今回は、広報5月号・6月号でご紹介した事業のほか、現在取り組んでいる奈井江町独自の事業について、ご紹介いたします。(6月25日現在の情報)

■新しい生活様式 新北海道スタイルとは…
新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル、それが「新北海道スタイル」です。

○新型コロナ感染症に負けない生活
・ソーシャルディスタンシング
・手洗い、咳エチケット、定期的な換気
・3密(密接、密閉、密集)回避
・テイクアウト、デリバリーの推奨
・オンラインサービスの活用

【奈井江町独自支援策 総額1億771万9000円】
■地域の経済対策
○売り上げが減少している事業所への支援
・中小企業振興保証融資・新型コロナウイルス感染症対策(広報5月号)
《予算額》4,459千円
特別資金実質保証料ゼロ、無利子の融資。

問合せ:産業観光課
【電話】65-2118

・事業応援給付金事業(広報6月号)
《予算額》10,000千円
2月から6月に20%~50%の売上減少を受けた事業所に対し、最大10万円を助成。

問合せ:産業観光課
【電話】65-2118

○休業等要請に応じた事業所への支援
・休業協力支援事業(広報6月号)
《予算額》2,600千円
休業等の要請に応じた事業所に一律10万円の助成。

問合せ:産業観光課
【電話】65-2118

○新生活様式に対応する事業所への支援
・商工会感染予防対策補助事業(4ページ)
《予算額》300千円
商工会会員事業所へ感染防止資材の配付をする事業者への支援。

問合せ:奈井江町商工会
【電話】65-2151

・商工業感染対策環境整備・消費拡大事業(4ページ)
《予算額》10,000千円
感染リスクの低減設備の整備やテイクアウト等の開始、地場産品を利用した新メニューの開発などの取り組みを行う事業所への支援。

問合せ:奈井江町商工会
【電話】65-2151

■地域住民が安全・安心・健康に暮らせるための新生活様式への対応
○公共施設の感染防止対策
・町立国民健康保険病院感染防止対策事業(4ページ)
《予算額》10,000千円
院内でのクラスター感染防止等衛生環境の充実・強化。

問合せ:奈井江町国民健康保険病院
【電話】65-2221

・公共的空間安全・安心確保事業(4ページ)
《予算額》17,578千円
公共施設の3密回避、感染防止に必要な設備・備品を整備。

問合せ:各公共施設

・自治会館換気設備等設置事業(4ページ)
《予算額》3,000千円
コミュニティ会館、連合区会館に高機能換気設備等を設置。

問合せ:企画財政課
【電話】65-2112

○災害時避難所の感染防止対策
・防災活動支援事業(4ページ)
《予算額》8,070千円
指定避難所8か所の衛生資材や機器の備蓄。

問合せ:総務課
【電話】65-2111

○緊急時情報発信や各種施策などの情報発信
・緊急時等情報発信強化事業(5ページ)
《予算額》630千円
地デジ広報サービスやLINE公式アカウントサービスを活用し、町民への情報伝達手段の充実。

問合せ:企画財政課
【電話】65-2112

○新生活スタイルでの健康づくり
・健康づくりウォーキング促進事業
《予算額》550千円
30日以上のウォーキングに取り組んだ方にふれあいチケット1,000円分をプレゼント。
開催期間:令和2年7月1日(水)~10月31日(土)

問合せ:保健センター
【電話】65-2131

■住民の経済負担軽減
○児童扶養手当受給世帯の負担軽減
・児童扶養手当受給世帯の生活支援事業
《予算額》600千円
新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済負担を軽減するため、児童扶養手当受給世帯にふれあいチケット10,000円分を配布。

問合せ:保健福祉課
【電話】65-2119

■学校施設の充実
○コロナ禍にも対応できる学校づくり
・臨時休校に伴う学習支援事業
《予算額》300千円
小中学校の臨時休校に伴う家庭学習用プリントの作製や送料等

問合せ:教育委員会
【電話】65-5381

・GIGAスクール事業
《予算額》39,632千円
すべての子どもにオンラインでの学習環境を提供できるように、情報通信機器の整備。
(1)一人一台のタブレットを整備(奈井江小学校136台、奈井江中学校111台)
(2)オンライン学習環境の整備
(3)GIGAスクールサポーターの配置など

問合せ:教育委員会
【電話】65-5381

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU