ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

教育行政執行方針

2/32

北海道富良野市

■そして、すべての子どもたちのために

市民参加、市民協働のなかで質的な成長を

今日、人口減少や少子高齢化をはじめ、グローバル化、高度情報化などによる社会の変化は、人々の予測を超えて加速度的に進展しており、それにともない多種多様な価値観が生まれ、複雑で予想困難な時代となっています。
こうした変化の激しい社会に対応できるよう、第5次富良野市総合計画後期基本計画及び富良野市まち・ひと・しごと創生総合戦略を基本とした富良野市教育に関する大綱にもとづき、幼児期からの知育・徳育・体育の調和のとれた着実な育成をめざし、「すべては子どもたちのために」を合言葉に、子どもたちの無限の可能性を伸ばす教育の充実に努めるとともに、市民が心身ともに健康で生きがいのある充実した人生を送ることができ、学んだ成果を適切に生かすことのできる環境づくりを推進していきます。
また、次世代を担う子どもたちを安心して育てることができる環境づくりに向けて、ゼロ歳から18歳までの子どもたちを発達段階や特性に応じた児童の発達・自立を促す教育の充実を図るとともに、健康づくり、子どもを持つ家庭に対する支援体制と機能を強化するため、関係部署との連携をさらに進め、子育て支援施策を総合的に推進していきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階