ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの伝言板 (1)

15/23

北海道小平町

■『先端設備等導入計画』で「労働生産性向上」を後押しします。
「先端設備等導入計画」は、「生産性向上特別措置法」において措置された、中小企業・小規模事業者等が設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。
計画の認定を受けると・・・
新規取得設備の固定資産税が取得から3年間ゼロになります。
*認定後に取得することが必須です

対象事業:年平均3%以上の労働生産性向上を見込む「先端設備等導入計画」の認定を受けた設備投資が対象。
対象者:中小企業等経営強化法上の中小企業者。ただし、固定資産税の特例を利用できるのは、資本金1億円以下の法人(大企業の子会社を除く)や従業員1,000人以下の個人事業主に限ります。
認定対象設備:商品の生産若しくは販売又は役務の提供の用に供する設備であって、生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する以下の設備
*中古資産は対象外です

◇減価償却資産の種類 (最低取得価格/販売開始時期)
・機械装置 (160万円以上/10年以内)
・測定工具及び検査工具 (30万円以上/5年以内)
・器具備品 (30万円以上/6年以内)
・建物附属設備 (償却資産として課税されるものに限る)(60万円以上/14年以内)
・ソフトウェア (5年以内)*固定資産税対象外

問い合わせ先:
経済課商工水産係(計画の申請に関すること)(内線213・222)
財政課税務係(税制措置に関すること)(内線216・217)

■小平町総合交流ターミナル施設ゆったりかん 平成29年度決算状況
ゆったりかんの平成29年度の決算状況をお知らせします。
ゆったりかんは、町の出資率100%の第三セクターの運営により、利用者の皆様に愛され、親しまれる施設づくりを目指しております。平成29年度における町からの運営補助金は3,500万円で前年度と同額であり、引き続き厳しい経営環境にありますが、ゆったりかんは町の活性化にとって重要な施設でもありますので、尚、一層のご利用をお願い申し上げます。

◇株式会社おびら平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)決算報告書より

収入 単位:千円

支出 単位:千円

利益(平成29年度剰余金):収入(A)-支出(B)=▲10,048千円

累積利益(損失):▲10,048千円

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階