ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

保険だより

8/23

北海道小平町

■子どものインフルエンザ予防接種 公費助成のお知らせ[任意接種]
子どものインフルエンザ予防接種を実施する子育て世帯に対し経済的負担を軽減するため、今年度より、費用の一部助成を始めます。

注意事項:
1)他のワクチンとの接種間隔について
・インフルエンザ予防接種後は、1週間以上間隔をあけて、他の予防接種を接種してください。
・インフルエンザの前に他の予防接種をする場合は、適切な間隔をあけてインフルエンザ接種日を計画してください。
2)ワクチン製造量などの状況による、接種日時などの調整について
・ワクチンについては、国が関与した中で全体の製造予定量を見込んでおりますが需給の関係上、入手が難しくなる場合があり、必ずしも希望する日時に接種できない場合もあり、調整させていただくことがありますことをご了解願います。

◆『子どものインフルエンザ予防接種』は法に基づくものではなく任意の予防接種です。
任意の予防接種は、保護者の判断により接種を行うものです。
効果や副反応など、予防接種に対する正しい理解のもとで判断し、本事業をご利用ください。

◇インフルエンザ予防接種の効果
現在国内で用いられるインフルエンザワクチンは、感染を完全に阻止する効果はありませんが、下記の効果があります。
・発病をある程度予防するとされています。(乳幼児に対する有効性に関しては、おおむね20%~60%の発病防止効果とされています。)
・発病後の重症化及び死亡を予防することに関して、一定の効果があるとされています。

◇インフルエンザ予防接種の副反応
・重大な副反応
・ショック(血圧の急激な低下による命に関わる重篤な病態)
・アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難等)など、まれに起こることがあります。
・その他の副反応
・発熱、悪寒、頭痛、倦怠感などが出ることがあります。

◇予防接種以外の予防のポイント
周囲の大人たちが手洗いや咳エチケットを徹底することや、流行時期は人が多く集まる場所に行かないようにするなどの工夫が大切です。

■毎年実施の65歳以上インフルエンザ予防接種 公費助成のお知らせ(定期接種)
インフルエンザの流行は、1~3月が中心です。ワクチンの効果が得られるのは、予防接種後2週間~ 約5か月ですので、接種を希望される方は、12月中旬までに接種するようにしましょう。

注意事項:
・町立診療所で接種される方には、予診票等の必要書類を、後日お送りいたします。
・インフルエンザ予防接種は、自らの意思と責任で接種を希望する場合に接種を行うものです。
・町立診療所及び上記の留萌市の医療機関以外で接種する方は「依頼書」が必要です。費用の助成は、償還払いがあります。
保健福祉課健康づくり係までご連絡願います。

問い合わせ:保健福祉課健康づくり係
【電話】56-2111 内線276・277

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル