ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民年金保険料の免除申請や特例申請ができます

17/47

北海道新ひだか町

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した方へ

◆対象者
次の(1)と(2)の条件に該当する方
(1)2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われたなどのため収入が減少した方
(2)2月以降の所得状況からみて、当年中の所得見込額が国民年金保険料免除基準相当または学生納付特例基準相当になることが見込まれる方
※当年中の所得見込額は、2月以降の任意の月(収入が最も低い月など)における所得額を12か月分に換算し、見込みの経費などを控除し算出します。
※国民年金保険料免除基準相当および学生納付特例基準相当については、日本年金機構ホームページをご覧いただくか、お問合せください。

◆対象期間
▽学生以外の方
2月分から6月分まで
※7月分以降は、あらためて申請が必要です。

▽学生の方
(令和元年度分)2月分から3月分まで
(令和2年度分)4月分から令和3年3月分まで

◆申請方法
・申請書類の様式は、日本年金機構ホームページからダウンロードができます。
・申請書類は、役場担当窓口または年金事務所へ提出してください。

◆申請書類
▽学生以外の方
(1)国民年金保険料免除・納付猶予申請書
(2)所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

▽学生の方
(1)国民年金保険料学生納付特例申請書
(2)所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))
(3)学生証の写し
※令和元年度分と令和2年度分の2年度分の申請を希望される場合は、同時に申請ができます。ただし、申請書が2枚必要となります。なお、すでに令和元年度分を申請され承認を受けている方は、令和2年度分のみを申請してください。

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、郵送での提出にご協力ください。

問合せ:
・静内庁舎生活環境課 【電話】49-0291(直通)
・三石庁舎地域振興課 【電話】33-2112(直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU