文字サイズ
自治体の皆さまへ

大雪地区広域連合からのお知らせ

4/31

北海道東神楽町

◆医療費通知を送付しています
被保険者の医療費総額などについてお知らせする『医療費通知』を、国民健康保険では年6回、後期高齢者医療制度では年2回、対象期間に医療機関等を受診した全ての被保険者の皆さんへ送付します。
これは、医療費総額をお知らせすることで、健康管理の重要性を意識していただくとともに、国民健康保険や後期高齢者医療制度に対する認識を深めていただき、医療費適正化や被保険者の負担軽減を図ることを目的としています。

◇ご注意ください
医療機関等の請求遅れや請求内容を審査中のものなど一部の受診記録が記載されていない場合があります。自己負担額は、市町村などから医療費助成を受けているなど、記載されている金額と実際に窓口で支払った金額が異なる場合があります。
医療費通知は再発行しておりませんので、大切に保管してください。

◇発送月・対象診療月
・国民健康保険(年6回)

・後期高齢者医療制度(年2回)

◇医療費控除を受けるには
対象となる医療費は、令和2年中(1月1日~12月31日)にご自身や生計を一にする配偶者、その他の親族のために支払ったものに限ります。
医療費控除を受けるためには、『医療費控除明細書』を確定申告書に添付して提出する必要がありますが、医療費通知を添付することによって、明細書の作成を簡略化することができます。
なお、国民健康保険加入の皆さんで12月分の医療費控除を受ける場合は、別途領収書の明細を記載する必要があります。

◆セルフメディケーション税制による医療費控除の特例
医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、スイッチOTC医薬品(薬局やドラックストアなどにおいて処方箋なしに購入できる医薬品)を購入した際に、その購入費が1万2千円を超える場合に所得控除を受けることができるものです。
このほか、特定健診の結果通知表や予防接種の領収書が必要ですので、大切に保管しておきましょう。

◇セルフメディケーションとは
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当することです。
適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠・休息を心がけ、体調管理(体温・体重・血圧等の測定、健康診断受診等)を継続するなど、日頃から健康を意識する取り組みを指します。

◆新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料等の減免について
新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者が失業または収入が減少した世帯等に対して、国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料の減免申請を受け付けています。
※主たる生計維持者が、国民健康保険に加入していない世帯主(擬制世帯主)である場合も対象となります。
※令和2年2月相当分から令和3年3月相当分までの保険料が対象となります。令和3年3月末までに申請が必要ですのでお気を付けください。

問合せ:
・医療費通知に関すること
北海道後期高齢者医療広域連合 【電話】011-290-5601
大雪地区広域連合国民健康保険対策室 【電話】82-3697

・確定申告に関すること
税務課課税グループ 【電話】83-2119(直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU