ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度 町政執行方針(10)

10/46

北海道浜中町

【地域とともに歩むまちづくり】(その2)
[5]広域行政の推進について
住民の経済活動の広範化と生活ニーズの多様化・高度化が進む中、釧路地域全体の産業・観光振興、環境保全などに向けた取組について、管内市町村や関係機関等との広域行政を推進してまいります。

(1)管内市町村等との広域連携について
釧路地域づくり連携会議、釧路モデル地域圏域検討会、地域づくり広域プロジェクト、釧路定住自立圏共生ビジョン、根釧酪農ビジョン、自然の番人宣言などについて、引き続き管内市町村や関係機関等との広域連携のもとに取組を進めてまいります。

(2)道東自動車道の整備促進について
未開通区間である道東自動車道の阿寒~釧路西間の整備促進、道東自動車道根室線の尾幌~糸魚沢間の早期事業化に向け、北海道横断自動車道釧路地区早期建設促進期成会や北海道横断自動車道釧路・根室間建設促進期成会、沿線自治体等と連携し、引き続き要望を行ってまいります。また、釧路地域への誘客増大を目指し、道東自動車道の延伸等をプロモーションする事業について、引き続き管内市町村や関係機関等との連携のもとに取組を進めてまいります。

[6]行政改革と執行体制について
急速な少子高齢化や情報化の進展、厳しい財政状況の中、安全で良質な公共サービスを確実かつ効率的に提供できるよう、「第8次行政改革大綱」に基づき、今後の職員の適正配置や人材育成など、将来を展望した行政改革に取り組んでまいります。
町長と教育委員会で構成する浜中町総合教育会議において策定した平成27年度から平成31年度までを実施期間とする「浜中町教育大綱」の基本方針に基づき、町と教育委員会が連携し、学校教育や社会教育の充実を図り、時代の変化に対応した教育を推進してまいります。
近年のクラウド技術等のICTの進展や個人番号制度の運用、高度化するサイバー攻撃など、取り巻く状況の変化に適切に対応し、安心・安全な行政サービスを住民に提供するため、引き続き情報セキュリティ対策に取り組んでまいります。

【むすびに】
以上、平成31年度の町政執行にあたって、基本姿勢と主要施策の概要を述べさせていただきました。
地方は今、若年層をはじめとする都市部への人口流出や急速な少子高齢化などが大きな要因となり、人口減少と過疎化がますます進み、今後歴史上経験したことのない事態に直面することが予想されております。このことは、担い手不足等による産業の衰退や地域経済の縮小、さらには地域の公共交通、医療、福祉、コミュニティなど住民の生活基盤の維持が困難となるなど、地方の存続問題へとつながっております。
このような中で地方自治体は、それぞれの持つ特色を活かしながら、住民が働き続けられる就業の場と安心して暮らすことができる生活環境の確保を基本に、住民のニーズの変化に適応した効率的で持続可能な行政サービスの提供が求められております。
私は、本町発展のためには農・漁業という二つの基幹産業を有しているという大きな強みを活かし、産業の担い手を確保しながら持続的な産業振興を図り、それを確実に次代に引き継いでいくことが重要であると考えております。
浜中町が多くの人に愛され、まちに大きな魅力を感じてもらえるよう、地域と産業が輝く活力あるまちづくりを進めることが私の責務であります。
町民の皆さまならびに町議会議員の皆さま、本町の発展のため一層のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル