ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

仲間たち

4/43

北海道登別市

■『お手玉の会』
『お手玉の会』は、手先を動かし、脳の活性化を図ることを目的として、1989年に発足した手芸サークルです。現在のメンバーは60代から80代までの女性8人。毎週金曜日の10時から15時まで、老人福祉センターで活動しています。「色とりどりの布や糸を使用し、好きなものを自分のペースで作っています。手提げバッグや洋服、雑貨などのほか、針山など、手芸に使う道具も手作りしていますよ」と話すのは代表の荒あら尾お澄すみ子こさん。できあがった作品は、日常生活の中で愛用するのはもちろん、友人にプレゼントしたり、毎年10月ごろに開催されている同センターのサークル活動発表会で展示などもしています。荒尾さんは「それぞれの技術に合わせて作品を作っているので、難しいことはありません。わからないところは他のメンバーに教えてもらうなど、楽しく活動していますよ」と魅力を話してくれました。2016年に入会した中なか川がわフミさんは「週に一度集まって、仲間とおしゃべりしながら趣味の手芸を楽しむことが、元気の秘訣になっているかもしれません」と笑顔を見せます。メンバー同士でアドバイスをし合い、本を参考にした新たな作品作りにも挑戦している『お手玉の会』。活動に興味のある方は代表の荒尾さん(【電話】85-7144)まで。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU