ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

むらnoできごと

21/36

北海道真狩村

■2/10全日本スノーモビル選手権開催
緑岡の真狩特設コースにて、全日本スノーモビル選手権第1戦真狩大会が開催されました。多くの方が観戦に訪れ、エンジン音や雪煙に興奮するとともに、選手へは熱い歓声を送っていました。
村からは藤川淳さん(字光)が出場しました。

■2/8除雪ボランティア
真狩高校では社会教育の一環として、除雪に困っている高齢者宅や公共施設等の除雪ボランティアを行っています。
天候が悪い中、一生懸命に頑張ってくれた生徒達のおかげで家の周りや車庫などはきれいに雪が片づけられました。
除雪をお願いした方は、「助かりました」と大変嬉しそうでした。

■2/28・3/11マッカリーナで味覚教室&マナー教室
毎年、卒業を控えた村の小学6年生、中学3年生を対象にマッカリーナさんのご厚意で、食事会が行われています。
小学生には色々な味を知ってもらいたいと普段の生活では味わうことのない調理方法や調味料による味覚教室を、中学生には将来レストランで食事をするための基礎的なテーブルマナー教室が行われ、子ども達は高級な雰囲気に緊張しつつも食事を楽しんでいました。

■2/23ソフトバレーボール大会開催
真狩村民ソフトバレーボール有志の会(代表:山上忠彦氏)主催の第22回真狩村民ソフトバレーボール大会が開催され、15チーム77名が参加しました。
日頃から部活動やサークルでバレーボールを楽しむ中学生以上の村民や、近隣町村チームの参加もありました。年々ハイレベルになっていく大会で、今回も壮絶な熱戦を繰り広げました。

■3/2第4回全道歌うまい王決定戦 in まっかり
真狩村を楽しむ会(代表:影山尚史氏)主催のチャリティーイベント「全道歌うまい王決定戦 in まっかり」が開催されました。
全道各地から35名の歌自慢が集まり、素晴らしい歌声が観客や審査員の心に響きました。
輝かしい栄冠を手にしたのは、初参加の三好直樹さん(浦河町)でした。おめでとうございます。

■3/13税のポスターで入賞
道税の啓発事業の一環として「第33回全道中学生の税をテーマとしたポスター募集」が実施され、真狩中学校では1・2年生全員が冬休みの課題として取組み、5名の生徒が入賞しました。

■3/16地域クラウド交流会
真狩地域クラウド交流会実行委員会主催のもと、「第2回真狩地域クラウド交流会」が開催されました。
地域クラウド交流会とは、地域住民が起業家の応援を通じて地域活性化を目指すイベントのことで、地域のビジネスの活性化に繋がることを目標に実施されています。
起業家5名によるプレゼンテーションが行われ、応援したい方に投票すると、「交流型クラウドファンディング」という方法で資金が届けられます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階