ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度教育行政執行方針(3)

9/36

北海道真狩村

▽安心で安全な教育環境づくり
子ども達の安心で安全な教育環境づくりは、重要なこととして認識しております。登下校の見守り体制の充実、学校施設の安全への整備など「学校支援地域本部事業」との連携により、地域全体で見守る体制づくりの構築にあわせ、学校施設の改修・修繕や災害時における通信用の電源確保、通学路の安全確保に向けた整備を進めてまいります。
いじめを「しない」「させない」「許さない」の強い意志を持ち、どの子にも生じ得ることを認識し、いじめが起きない学校・学級経営に努めてまいります。
日常の見守りを通じ、状況を把握するなど細かい目配りを行うとともに、いじめアンケートを実施する中、兆候・疑いが生じたときは、速やかに対応し、早期発見、早期解消に取組んでまいります。
また、いじめ、不登校などの問題に対応するため、スクールカウンセラーを定期的に派遣し、相談体制を充実するなど学校・保護者・児童生徒への支援体制の充実を図ってまいります。

▽学校の働き方改革の推進
教員が子どもと向き合う時間を確保し、健康で生き生きと授業に集中し、児童生徒の学びの質を高め、やりがいを持って勤務できる環境づくりは、喫緊な課題の一つです。
これまで、平成30年度に策定した「真狩村立学校における働き方改革(行動計画)」を進めてまいりましたが、新たに国・道が示す「部活動のあり方」「教員の働き方改革」に関するガイドラインや指針に基づき、各学校の要請を踏まえ、保護者や関係機関・団体などのご理解とご協力を得る中で、国・道に準じた改正に向け、協議・検討を進めてまいりたいと考えております。
また、生活の基盤である教職員住宅の改修、ストレスチェックの実施など教職員の健康に配慮した取組もあわせて進めてまいります。

■社会教育
▽生涯学習の振興
誰もが生涯にわたって豊かで生き生きと暮らし、お互いを認め支え合い、活力ある社会を持続可能とするために必要な社会教育の充実を図るためには、生涯にわたって学び続けることが、重要なことと考えております。
そのためには、村民の皆様が積極的に学ぶ意欲の高揚にあわせ、学ぶための環境づくりが必要です。
各地区で展開されている生涯教育振興会(学習会)のより一層の活動を期待するとともに、支援体制、時代に即応した情報の提供などの充実を図ってまいります。
また、少子高齢化、個々の多種多様なニーズ、生活形態・嗜好が多様化している中で、社会教育の推進は、難しい状況を迎えておりますが、活性化に向けた創意工夫と指導者・リーダーの育成は重要なこととして考えております。
村民の皆様の要望、ニーズに沿ったイベント、セミナー、講習会などの開催にあわせ、積極的に取組んでいる組織・団体への協力・支援に努めてまいります。
生涯学習を通し、少子高齢化や人口減少など直面する課題の解決や地域活性化に向けた学習、青少年教育や家庭教育など地域・学校・家庭が連携した事業の推進を図ってまいります。

▽芸術文化の振興
心豊かで、潤いのある生活を営むためには、郷土の自然や人間、社会、文化、産業などに触れ合う機会を充実するとともに、豊かなふるさとの心を受け継ぐことが重要と考えております。
そのためには、芸術文化に親しむ機会の提供や文化財の保護・保存は重要な責務と考えております。
文化団体の協力を得る中、文化祭・芸能発表大会などを開催し、芸術文化を観て、親しむ場を提供してまいります。
また、真狩村の伝統芸能である「浦安の舞」「真狩祝い太鼓」などは、後世に残す大切な伝統・文化として考えております。
イベントや学校教育を通じ、観て・触れて・体験できる機会を設け、ふるさとへの愛着と誇りを高め、後継者の育成、保存・継承に努めてまいります。
「羊蹄ふるさと館」は、真狩村の歴史・文化を保存する貴重な施設であり、村の大切な財産として考えております。その活用を含め、より多くの人たちにご利用いただくためには、展示方法やイベントなど新たな取組が必要と思われます。
平成31年度は、手作りでありますがPRを含めた館内パンフレットを作成し、さらには開館日の時期・期間など検討してまいります。
また、北海道博物館協会を通じ、他町村との交流、情報を交換するとともに、資料の賃借・展示など村民の皆様が、幅広く芸術文化に触れ、親しんでいただくよう取組んでまいります。

▽スポーツの振興
スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、他者を尊重し、協働する精神を培うとともに、人と人との交流、地域と地域との交流を促進し、地域の一体感や活力を醸成し、人間関係の希薄化等の問題を抱える地域社会の再生に寄与するものと考えております。
部活動、スポーツ少年団活動を含む、各スポーツ団体への支援、全道大会以上の出場に対する助成とともに、1年を通して、著しく活躍された団体・個人への表彰はじめ、各種スポーツ教室の開催、体力測定など村民のスポーツへの振興に努めてまいります。
また、冬季間のスポーツの推進を図るため、平成31年度から新たに小・中学生を対象とし、近隣スキー場のシーズン券への一部助成を行います。スポーツの推進には、指導者育成が重要です。
スポーツ少年団活動を通じ、指導者に必要な資格取得に向けた講習会などの参加に対する支援を進めてまいります。
村営プールの運営については、施設の老朽化などにより改修の時期を迎えており、今後の運営体制について協議・検討が必要となっております。
それら問題・課題に対応するため、村営プールを休館する中、今後の方向性を模索してまいります。
その間、スクールバスなどを運行し、近隣町村のプールを使用させていただくなど、子ども達には、極力支障のない対応とさせていただきますのでご理解とご協力を賜ります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階