ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域安全ニュース

5/22

北海道知内町

■主な事件・事故関係
6月某日の朝方、木古内町字幸連の国道上にて、町内方面へと向かう車両が対向車線側にはみ出して対向車と正面衝突し、対向車の運転手が骨折等の重傷を負う人身交通事故が発生しました。
車を使った移動の際は、時間に余裕を持ち、スピードは控えめに走行するよう心掛け、走行中に疲れや眠気を感じたら、しっかり休憩をとることを徹底し交通事故防止に努めましょう。

■交通事故関係
物損事故:8件
人身事故:1件
(1)木古内町 5件
(2)知内町 4件
(3)内訳 車×車8件、車単独1件

■広報啓発関係
1.野焼きは犯罪です!
廃棄物(ゴミ)を自分で不法に焼却したり、投棄することは犯罪です。
木古内警察署管内では、不法焼却(野焼き)や不法投棄事件が毎年数件発生しています。
また、本年は6月末時点で2件の野焼き事件を検挙しています。

▽なぜ、野焼きが禁止されているのでしょう?
(1)
個人が法律の基準に満たない設備でゴミの焼却等を行うと、低温焼却によりダイオキシン等の有毒ガスが発生します。
これらは、近所の方々に悪臭等の影響を与えると同時に、地球温暖化や生態系の異常など、地球環境に多大な悪影響を与えるものです。

(2)
また、焼却等の火が付近の建物や樹木等に燃え移り、大きな火災が発生する原因にもなります。
一度火災が発生すれば、人畜に甚大な被害が及ぶのは言うまでもありません。
主に、この二つの理由で野焼きが禁止されているのです。

▽野焼きは絶対にやめましょう!
「分別は面倒だし、ゴミ袋はお金がかかる。」「昔から燃やしている。うちだけなら大した影響はない。」など、身勝手な理由で野焼きを行う人が後を絶ちません。
火災の危険から人の命を守るため、また次の世代に住む地球環境を守るため、ゴミの野焼きや不法投棄は絶対にやめましょう。

2.密漁は犯罪です!
(1)漁業権、禁止期間、場所の設定について
密漁といっても内容は様々です。つぶやうに、あわびやなまこなど漁業権の設定されているものを採捕すれば密漁になります。
採捕の禁止期間があるものや、河口付近など禁止場所が設定されているものもあります。
木古内警察署管内では、9月1日から12月10日までの間、亀川と知内川の河口付近がさけ・ます採捕の禁止区域となっており、禁止区域はこれらの海岸線に設置された標柱で確認することができます。

(2)ひっかけ釣りも禁止です!
禁止されている漁具や漁法での採捕も密漁です。
代表的なものがサケやイカなどを針に強引に引っかける、いわゆるひっかけ釣りです。
6月末時点で、木古内警察署では1件のひっかけ釣りによる密漁事件を検挙しています。密漁には、他にも色々な態様があります。
密漁は、限りある水産資源を守るために禁止されており、法律を知らなかったでは済まされません。
釣りなどを行う際は、本当に釣っていい期間・場所・獲物か、漁具や釣り方に問題がないか、自分の責任で確認した上で、ルール・マナーを守って楽しい釣りをしましょう。

問合せ:
知内町防犯協会【電話】5-6161
木古内警察署【電話】2-4110

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU