文字サイズ
自治体の皆さまへ

こころもからだも健康にHEALTHY講座

4/35

北海道網走市

テーマ:アウトドアでの食中毒にも注意しましょう!
暑さが一段と本格的になり、キャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しむ方も多いのではないでしょうか?しかし、アウトドアでは水洗い場などの洗浄の設備が不十分な場合もあり、手洗いなどによる清潔の保持が普段よりも難しくなります。
さらに、今の時期は気温が高く、食中毒の原因となる細菌などがとても繁殖しやすいため、アウトドアでは特に注意が必要です。予防のための3原則を守って楽しいアウトドアにしましょう。

■食中毒を防ぐための3原則
(1)つけない
食中毒の原因となる細菌などは、調理を行う人の手や調理器具などから食材に付着すると言われています。
調理を行う前は必ず手を洗い、清潔な調理器具を使うことで、食材に細菌などを付けないことが大切です。
(2)ふやさない
細菌などが付着した食材を気温の高い場所に置いておくと、時間経過とともに細菌などがどんどん増えるため、保存にも注意が必要です。細菌などは10℃以下の状態で増えにくくなると言われていますので、できる限り低温で保存することが大切です。
(3)やっつける
ほとんどの細菌などは、加熱することで死滅すると言われています。食中毒予防には十分な加熱が大切です。

◇予防のポイント!
・出かける前に食材を切ったり、下味をつけるなどの下処理を済ませておく。
・食材は、保冷剤をいれたクーラーボックスで運ぶ。
・調理用と食事用の調理器具(はしやトングなど)は使い分ける。
・調理や食事前にしっかり手を洗う
※水洗い場がないときは、ウェットティッシュなどで清潔にする。
・食材は十分に加熱する。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU