ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成30年度 教育行政執行方針

4/55

北海道美幌町

◆幼児教育の推進
幼児期と小学校の円滑な接続について、要保護児童対策地域協議会や、発達支援センター・幼稚園・保育園との連携を図ります。

◆確かな学力の向上
小学校では平成32年度から、中学年は年間35時間の外国語活動、高学年は70時間の外国語科が実施されます。今年度は移行期間として、中学年は新たに15時間、高学年は50時間の外国語活動を実施します。

◆授業改善の充実
昨年から取り組んでいる『美幌町学習規律スタンダード』の定着を図るため、今年度はより具体的な取組を推進します。

◆健やかな身体の育成
小学校ではフッ化物洗口、中学校では薬物乱用防止教室を継続します。
運動習慣の定着に向け、新体力テストの実施や、運動習慣等の調査結果を踏まえた一校一実践に取り組みます。

◆豊かな心の育成
授業づくりの研修や授業公開、様々な教育資源を活用し、『道徳科』の充実を図ります。
美幌町いじめ防止基本方針、各小中学校のいじめ防止基本方針を改定します。

◆教育相談体制の充実
教育相談室に教育専門相談員、不登校問題相談員を継続して配置し、問題解決に取り組みます。

◆特別支援教育の充実
学級編制等にあわせて介助員を配置し、教育関係者への研修会を実施するなど、特別支援教育の充実を図ります。

◆信頼される学校づくりの推進
教職員の個人研修や授業の公開などを進めるとともに、教職員一人ひとりに対する指導を徹底し、服務規律の厳正保持に努めます。

◆学校給食と食育の推進
年4回程度、地場産加工品の提供を行います。

◆高等学校との連携・支援
町外から農業科に入学する生徒の保護者に対する10万円の助成を継続するとともに、道寄宿舎の維持運営にかかる支援を行います。さらに、今年度から農業科の生徒募集活動に係る経費について、支援を行います。

◆学校教育施設環境の整備充実
美幌小学校遊具修繕、東陽小学校教育用コンピュータの更新、旭小学校給湯機用煙突改修、美幌・東陽小学校無線LAN改修、美幌中学校校舎網戸改修などを実施します。

◆学習活動の推進
フレッシュママセミナー、おもしろキッズ共和国、通学合宿、はたちのつどい、青年活動団体の支援、女性セミナー、みんなのまなび場応援事業などを引き続き実施します。

◆文化活動の推進
文化連盟や実行委員会と協力しながら、質の高い芸術に触れられる機会を提供します。

◆スポーツ活動の推進
各スポーツ団体の活発な活動や、美幌町出身選手の活躍により、町民のスポーツへの関心の高まりが期待されることから、スポーツの普及振興を引き続き図ります。

◆図書館活動の推進
子どもの読書習慣の形成と読書活動の推進、環境の整備に引き続き取り組みます。

◆博物館活動の推進
昨年、開館30周年を迎えた博物館は、より一層多くの町民に積極的に利用してもらえるよう、魅力ある事業づくりを目指します。

◆社会教育施設環境の整備充実
町民会館改築工事は、本年7月の工期完了に向け、事業の推進を図ります。また、オープン記念事業として、音楽を中心としたイベントなどを検討しています。
スポーツ施設の整備は、スポーツセンターの耐震補強工事及び大規模改修工事を行います。
屋内多目的運動場整備は、実施設計を取りまとめ、平成32年度に完成できるよう事業の推進を図ります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル