文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活相談

27/39

佐賀県吉野ヶ里町

■配置薬の補充のはずが、高額な健康食品を買うはめに
配置薬の補充をする際に、高額な健康食品や健康器具を勧められたという相談が寄せられています。

◇事例
一人暮らしの80歳の母は配置薬を使用しているが、先日訪問した担当者に1瓶約4万円もするサプリメントの勧誘をうけ、断ることができずに購入していた。月々3千円の分割払いで支払っているようだ。以前も磁気が入った腰痛ベルトを7万円で購入していた。
(50歳代・女性)

◇アドバイス
・配置薬の業者から高額な健康食品や健康器具を勧誘されても、不要であればきっぱりと断りましょう。できれば一人で対応せず、家族など周りの人に同席してもらいましょう。
・家族など周りの人は、高齢者の家に頻繁に訪問してくる人がいないか、家の中に多量の未開封の品物や不明な契約書がないかなど、日ごろから気を配りましょう。

■消費生活相談(近隣市町でも相談可能)
受付時間 9:00~12:0013:00~15:00

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU