文字サイズ
自治体の皆さまへ

魅力再発見 峠の湯びほろ

1/56

北海道美幌町

平成8年にオープンしてから25年が経った峠の湯びほろ。
長年愛されている温泉施設の魅力を再発見してみました。

◆天井が高く、開放的なつくり
浴場に入ってまず感じることは、「天井が高い!」ではないでしょうか。丸太材を梁に使った道内一の大ドーム型の天井は、高さが13mもあり、とても開放的な気分になることができます。
脱衣所は、今春に内壁を改修し、きれいな内装に変わっています。

◆いろいろな種類のお風呂が楽しめる
浴場は「いちいの湯」と「鹿の湯」があり、日替わりで男女が入れ替わります。
主浴槽のほか、気泡湯、ジェットバス、薬湯風呂、サウナ、露天風呂があります。
峠の湯のサウナはドライサウナとミストサウナの2種類があり、ドライサウナの温度は、男性が約90℃、女性が約86℃とちょっと高めの設定となっています。水風呂、休憩を挟んで「ととのう」体験をしてみてはいかがでしょうか。

◆疲労回復に効く効能
泉質は薄茶色のアルカリ性単純温泉で、肌がサラサラになる「美肌の湯」でもあります。
薬湯風呂は「薬仁湯」という漢方薬湯で、甘草、ウイキョウ、桂皮など多くの漢方が入っており、肩こり、腰痛、リウマチなどの効能があります。この「薬仁湯」は、効能が非常によく、これだけを目当てに入浴に訪れる常連客もいるほどです。

◆福祉風呂に介助用リフトが登場
峠の湯びほろには、体が不自由な方のために福祉風呂が設置されており、介助者は無料で入ることができます。
4月から入浴介助用の電動リフトが設置され、介助の負担が軽減。専用の車いすを使用し、シート部分をリフトで持ち上げるので、楽に浴槽へ移動することが出来るようになっています。

◆障害者手帳等をお持ちなら入浴料の助成が受けられる
障害者手帳などをお持ちの方を対象に、入浴の際に半額で入浴できる入浴証を発行しています。
入浴証は役場民生障がい福祉グループで発行していますので、発行を希望される方は窓口へ申し込みをお願いします。

▽入浴料の助成制度
対象者:町内に住民登録がある、身体障害者手帳・療養手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
必要書類:対象となる手帳
申込先:役場福祉課民生障がい福祉グループ(【電話】77-6539・窓口5番)
※(1)回数券の購入は通常料金となります。
※(2)助成期間は翌年3月31日まで
※(3)入浴証は本人のみ利用できます。他の人に譲渡はできません。
※(4)入浴証は紛失等をされても再発行できませんのでご注意ください。

◆峠の湯行きバスが好評運行中
4月21日から、峠の湯びほろ行きのバスを無料運行しており、利用者の皆さんから好評を得ています。
運行は、毎週木曜日に往復1便の運航で、行きは峠の湯びほろ以外での降車、帰りは峠の湯びほろ以外での乗車はできません。

◆食事だけでも楽しめるレストランやドリンクコーナー
ラーメンやカレー、丼などの多彩な種類が楽しめるレストランでは、新たなメニューが追加されました。
追加されたメニューは、エビフライカレー、豚重、辛味噌ラーメン、冷かしわそばの4種類です。レストランは入浴をしなくても利用することができますので、一度ご賞味ください。
人気のソフトクリームは、バニラと季節限定の2種類の味が楽しめます。8月はチョコの限定ソフトクリームとなっており、こちらもレストラン同様、入浴しなくても購入が可能です。

◆RVパークやライダーサイトなら宿泊もOK
キャンピングカー用の駐車場であるRVパークは電源設備を備えた車中泊用の駐車場です。AC電源・入浴施設・食事・ごみ処理・24時間使用可能なトイレと全てが揃った施設となっていますので、旅の疲れを温泉で癒してはいかがでしょうか。
また、ライダー用の専用テントサイトやバンガローもありますので、ツーリングなどで立ち寄ることもできます。

◆脱炭素への取り組み
峠の湯びほろの源泉温度は、現在35・4℃です。温泉を加温するため使用しているボイラーは、地域の未利用木質バイオマス資源を活用したチップボイラーを導入しています。
これは、森林が持つ二酸化炭素吸収機能を活用した森林バイオマスに着目し、ゼロカーボンへの取り組みとして平成23年に導入したものであり、美幌町の脱炭素化の取り組みの先駆けです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU