文字サイズ
自治体の皆さまへ

あなたの声は町の宝 ホットボイス

16/47

北海道芽室町

■ホットボイスをお待ちしています
・ホットボイスはがき
・ホットボイスメール【E-mail】k-kouhou@memuro.net

問合せ:政策推進課広報広聴係
【電話】62-9721【E-mail】k-kouhou@memuro.net
スマホからでも投稿できます!

■今月のホットボイスは12件でした
※誌面の都合上、掲載しているのはいただいたご意見の一部です。また内容を要約する場合があります。(町ホームページで全件公開しています)

■「ホットボイス」歩道がツルツル滑ります
夏から秋にかけて歩道をとてもきれいにして頂いたのですが、雨などで濡れるとツルツルとすべってしまい、うすい氷の上を歩いているようです。この先の冬の事を考えるとすごく恐ろしいです。

▽答えます
具体的な場所に関する情報がありましたら、担当係までご連絡ください。焼き砂の散布等にて対応いたします。
(環境土木課道路維持係)【電話】62-9726

■「ホットボイス」図書館北口玄関が暗いです
図書館の北口の玄関が暗いですね。街灯が少ない上、入口の外照明が1つなので、それが暗くて足元が危ないです。また、雪が降り寒くなると狭い階段に氷が張り、滑ります。ロードヒーティングや、こまめな氷割り作業が必要なのではないでしょうか。

▽答えます
北側出入り口の照明については早急に対応いたします。冬季の階段保全は除雪、氷割り、焼き砂散布を適宜実施しておりますが、敷地や建物の他の場所の清掃や天候の状況に左右されますことをご承知おきください。
(生涯学習課図書館係)

■「ホットボイス」公立芽室病院周辺が暗くて危険です
公立芽室病院に10年以上通っていますが、通院時間帯が夕方になると、この時期の病院周囲の外が暗くて困っています。コロナ禍で正面玄関のみの出入りとなってしまい、病院の正面とは思えぬ暗さです。
氷が張るこの時期は滑るのによく見えず、子どもも一緒なのでいつも声を掛け合いながらゆっくり歩いています。もう少しあの付近一帯の照明と安全を考えて頂けると、暗い時間の通院も楽になりますのでよろしくお願いします。

▽答えます
日頃より当院をご利用いただきありがとうございます。正面玄関が暗いとのご指摘を受けましたことについて、照明のLED化、照明の増設等を含めて早急に検討し、対応いたします。今後ともお気づきの点がございましたら、お聞かせいただきますようお願いします。
その後の対応…照明の新規設置・街灯の電球交換により、図書館北口玄関、公立芽室病院の正面玄関がとても明るくなりました!!

■「ホットボイス」個々人でもごみ問題を考え、美しいまちづくりを
美しいまちづくりのため、一人一人が頑張っている町民、街中のごみ拾いをしてくれる方もいます。とても感謝の想いでいました。
でも一方では、農道に入るとたくさんのごみの不法投棄を見かけます。一部は、農家さんの畑の中に缶・ビンなどたくさんのごみ。何とか個人で良く考えて美しいまちづくりに協力してほしいと思います。

▽答えます
畑をはじめ、町内では至る所でポイ捨てが行われている状況にあり、町としても大きな問題と考えております。これまでにポイ捨てや不法投棄を目撃した方から車のナンバーなどの情報を通報いただくこともあり、提供いただいた内容については警察にも提供し、検挙に至ったというケースもあります。
また、町では町民の皆さんから不法投棄の連絡を受けた場合、現場で氏名等を特定できる情報を調査し、何らかの情報があった場合には警察に提供するなど連携した対応を行っているところです。当該者が特定できる情報がありましたら環境土木課生活環境係【電話】62-9726、または帯広警察署【電話】25-0110へご連絡くださいますようお願いします。
また現在、ごみのポイ捨てが多い箇所の中でモデル地区を選定し、投棄をさせないための方策も試行しながらごみの減少度を検証するなど、新たな対策にも取り組み始めています。さらには、町では「ごみの散乱等防止に関する条例」を定めており、必要な過程を経て氏名を公表するなども含め、悪質な行為については毅然とした態度で臨む考えです。
併せて、ごみの問題は個人のマナー・モラルの問題でもあり、一人ひとりの意識がポイ捨てや不法投棄をしないまちづくりにつながります。
今後におきましても、ポイ捨てや不法投棄の状況を改善させるため、従来の周知・啓発を引き続き行っていくとともに、近隣自治体や関係機関などとも連携し、対応・対策に取り組んでまいります。
(環境土木課生活環境係)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU