ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度 町政執行方針-3-

3/37

北海道蘭越町

●「地域産業が元気なまちづくり」について
本町の農業は、恵まれた気候と土地条件を生かし、町を支える基幹産業として関連する商工業、観光等の産業と融合し、町の振興発展に寄与してきました。
さらに、これからの産業の活性化を図るためには、将来の農業を担う人材の育成や「らんこし米」をはじめとする安全・安心な農産物の生産に向けて、各種の農業振興対策、土地基盤整備事業等を積極的に推進する必要があることから、次のことに取り組んでまいります。

(1)「活力ある農業・農村振興のまち」についてです。
本町の基幹作物である水稲は、平成30年産から国が米価安定を目的に行っていた生産数量目標の配分が廃止され、産地自らが需要に応じた生産に取り組むこととなり、日本の農政は大きな転換期を迎えました。
北海道では、北海道米の安定供給と農家経営の安定を目指した「生産の目安」を設定し、生産者、農業関係機関・団体、集荷業者、行政等の米関係者が一体となったオール北海道で需要に応じた米生産に取り組むこととなりました。
2年目となる平成31年産の「生産の目安」が昨年末に公表され、本町には、前年対比12・2ヘクタール減の1、667・8ヘクタールが示されました。
今年度も、引き続き生産者の作付意向調査の結果を踏まえ、関係機関・団体等と連携し、米価の安定と将来に向けた販売戦略など、農業振興対策に取り組んでまいります。
昨年の「第8回米-1グランプリinらんこし」では、らんこし産米が決勝ブロックに4品勝ち進み、「準グランプリ」と「金賞」に選ばれたことは、良食味・高品質のブランド米として、確固たる地位を築いてきた証であり、今後もさらに美味しい「らんこし米」を生産するため、イエスクリーン米、特別栽培米の生産支援や、水稲圃場ケイ酸資材投入に対して助成するとともに、様々な機会を通じて「らんこし米」のピーアールに積極的に取り組み、高品質な米産地として更なる発展に努めてまいります。
「水稲育苗施設」は農作業の省力化、クリーン農業の推進に大きな役割を担っていることから、温湯種子消毒した健苗の供給、健苗育成に欠くことのできない良質な育苗用土の供給等に努めてまいります。
農業後継者の育成や担い手の確保、振興作物による所得の確保・経営の安定化を図るため、新規就農者や振興作物の規模拡大を図る後継者に対して、引き続き「新規就農奨励金」、「新規就農支援事業」を実施し、積極的に支援してまいります。
農産物の生育に不可欠な生産基盤の整備は、食糧の安定供給と自然環境の保全など、重要な役割を担っており、引き続き道営農地整備事業(ほ場整備)により、新たに採択される名駒地区を含め8地区で推進してまいります。
日本型直接支払制度として法制化された「中山間地域等直接支払」、「多面的機能支払」、「環境保全型農業直接支払」の取組を引き続き実施してまいります。
エゾシカやアライグマなどの鳥獣による農業被害は町内全域に広がり深刻な状況にあることから、引き続き、鳥獣被害対策協議会と連携し、積極的に駆除対策に努めるとともに、「電気柵整備」、「わな猟免許取得」や「猟銃免許取得」の一部費用についての支援を継続してまいります。

(2)「豊かな森林整備と保全のまち」についてです。
森林は、木材の供給をはじめ、安全な国土の形成、生活環境の保全、安らぎや憩いを与える場の提供のほか、地球温暖化防止にも貢献するなど、私たちの生活と深く関わっています。
町民の財産である町有林は、人工林の持続的な更新を図るため、下刈や植林を計画的に実施してまいります。
「蘭越町森林整備計画」や「森林経営計画」に基づき実施する民有林整備については、森林所有者の森林整備意欲の増進を図るため、「未来につなぐ森づくり推進事業」や「下刈・除間伐・野ネズミ対策」等を継続して推進してまいります。

(3)「育てる漁業振興のまち」についてです。
浅海漁業の持続的発展のため、引き続き「育てる漁業」への環境づくりの推進に努めるとともに、高潮対策や旧船揚場からの飛び砂対策などの海岸保全について、引き続き関係機関に要請を行ってまいります。

(4)「にぎわいのある商工業振興のまち」についてです。
町内消費の拡大を推進するとともに、暮らしやすさの向上、にぎわいの創出など、魅力ある商工業の振興を目指します。
そのためには、商工会との連携が不可欠であり、情報の共有と問題解決に向けた協議をする連絡会議を開催し、引き続き連携強化に努めてまいります。
「らぶちゃんカード会事業」に対する支援についても引き続き推進するほか、蘭越及び目名市街の商店街街路灯管理組合に対し、街路灯の助成を行い、LED化を推進します。
地方においては、一部の業種の雇用環境で明るい兆しがみられるものの、依然として厳しい状況下に置かれており、引き続き「蘭越町勤労者生活融資資金」を金融機関に預託し、労働者の生活環境の向上に努めてまいります。
また、季節労働者に対する雇用対策につきましては、引き続き「緊急就労対策事業」を実施し、就労機会の創出や拡大を推進してまいります。
また近年、より複雑・巧妙化する消費者トラブルに関する苦情処理に対応するため、引き続き消費者行政活性化基金を活用し、羊蹄山ろく7町村で整備した「ようてい地域消費生活相談窓口」により、消費者生活に関する苦情や特殊詐欺防止等の対応に努めてまいります。

(5)「自然に育まれた観光振興のまち」についてです。
観光資源として特色ある温泉、豊かな自然景観を活かし、多様化する人々の志向に応じ、豊富な地域資源の活用と地域産業の連携による体験・交流・滞在型観光を目指します。
本町には、ニセコ山系の美しい自然景観と泉質の異なる温泉郷、美しい田園風景、良食味米として評価の高い「らんこし米」をはじめ、豊富な農産物、さらには「清流日本一の尻別川」が貫流するなど、多彩で魅力ある豊かな観光資源を有しております。
昨年の高速道路余市延伸や今年8月に予定されている千歳空港国際線ターミナルの拡張により、今まで以上に外国人をはじめとする旅行客の増加が見込まれ、さらに、10月に開催されるG20観光大臣会合により、ニセコ地域はさらに魅力的な観光地として広く認知されることが予想されます。こうした中、ニセコエリアの観光需要の増加や地域の資源を魅力あるものとして、価値を創造することで、地域経済への良好な波及が期待されることから、民間が主体となって、情報発信や誘客に取り組むことが重要と考えており、観光協会運営に対して、引き続き支援してまいります。
また、6月に町内で開催されます「トヨタガズーレーシングラリーチャレンジin蘭越」には、多くの関係者やファンが来町されることが見込まれるため、観光協会を中心に地元支援委員会を立ち上げ、町をあげて歓迎したいと考えております。
さらに、蘭越町を「奥ニセコ地域」として、他のニセコ地域とは異なる魅力を発信するため、「ニセコ観光圏」や「ニセコ山系観光連絡協議会」による広域連携に参加するほか、当地域の情報発信拠点として「ニセコエリア情報センター」と街の茶屋に設置されている「蘭越iセンター」の充実を図ってまいります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU