ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

『花一会図書館』からこんにちは

13/30

北海道蘭越町

■新刊の紹介
▽小説・エッセイ
・かか(三島由紀夫賞)/宇佐見 りん
・ニキ(ポプラ社小説新人賞)/夏木 志朋
・そこにはいない男たちについて/井上 荒野
・自転しながら公転する/山本 文緒
・図書館の子/佐々木 譲
・刑事何森 孤高の相貌/丸山 正樹
・ただいま神様当番/青山 美智子
・楽園の烏(八咫烏シリーズ)/阿部 智里
・純喫茶パオーン/椰月 美智子
・働く女子に明日は来る!/中澤 日菜子
・八月の銀の雪/伊与原 新
・結婚させる家/桂 望実
・沖晴くんの涙を殺して/額賀 澪
・ハグとナガラ/原田 マハ
・許されようとは思いません/芦沢 央
・『さいごの本やさん』の長い長い終わり/野村 美月
・一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。/冬野 夜空
・小説 真景累ヶ淵/奥山 景布子
・人生讃歌 北国のぬくもり(エッセイ)/小檜山 博
・向田邦子ベスト・エッセイ/向田 邦子
・明るい覚悟 こんな時代に(エッセイ)/落合 恵子
・京都に女王と呼ばれる作家がいた 山村美紗とふたりの男/花房 観音

▽歴史、科学、実用書、芸術等
・人は顔を見れば99%わかる/佐藤ブゾン貴子
・アーミッシュカントリーの美しい暮らし/山中 麻葉
・一度は泊まってみたい!北海道の温泉宿/小野寺 淳子
・まっぷる山陰 鳥取・松江・萩’21/昭文社旅行ガイドブック編集部
・行った気になる世界遺産/鈴木 亮平
・反日種族主義との闘争/李 栄薫
・その言い方は「失礼」です!(新書)/吉原 珠央
・オンライン講座を頼まれた時に読む本/天笠 淳
・自分で書く「シンプル遺言」/竹内 亮
・ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論/デヴィッド・グレーバー
・イマドキ女性管理職の働き方/麓 幸子
・自殺学入門 幸せな生と死とは何か(道新書評掲載)/末木 新
・やまゆり園事件/神奈川新聞取材班
・ルポ 不機嫌な老人たち(新書)/林 美保子
・これからの男の子たちへ 「男らしさ」から自由になるためのレッスン(道新書評掲載)/太田 啓子
・うおずら 世界初の魚の顔図鑑/森岡 篤
・世界遺産知床の自然と人とヒグマの暮らし/伊藤 彰浩
・カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?/松原 始
・感染症の日本史/磯田 道史
・たちどまって考える(新書)/ヤマザキ マリ
・子宮がヤバイことになりました。筋腫and内膜症and卵巣のう腫闘病記/あらた 真琴
・脳卒中の再発を防ぐ本/平野 照之 監修
・腸よ鼻よ 1(闘病記コミックエッセイ)/島袋 全優
・本人も家族もラクになる強迫症がわかる本/松田 慶子
・スマホ困ったときに開く本2020-2021/朝日新聞出版
・スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい/四禮 静子
・ワークマン女子着こなし帖/宝島社
・3人子持ちで起業した理系の主婦が名もなき家事をサクッと解決します!/香村 薫
・奥津典子の台所の学校(道新書評掲載)/奥津 典子
・赤ちゃんといっしょ ぐっちゃんママ、はじめました/chiiko
・手づかみの離乳食/田角 勝
・台湾オニギリ/山脇 りこ
・スパイスとカレー入門/印度カリー子
・ツレハナ亭の家飲みごはん/ツレヅレハナコ
・調味料保存and使い切りのアイデア帖/島本 美由紀
・知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑/長澤 淳一
・北海道の草花/梅沢 俊
・サバイバル家族/服部 文祥
・ゴールデンカムイ 23(マンガ)/野田 サトル
・徹底活用!バランスボール大全/菅原 順二
・“きれいな字”の絶対ルール/青山 浩之

▽大活字本
・全盲の僕が弁護士になった理由/大胡田 誠
・花鳥の夢 上中下/山本 兼一

▽寄贈本
・とこちゃんのながぐつ(絵本)/かとうまふみ
・鬼滅の刃 1~22(マンガ)/吾峠 呼世晴

詳しくは、館内の新着本リスト、図書検索機又は職員へご相談願います。なお入荷が遅れる場合がありますのでご了承ください。

■今月の展示
「道内の絵本作家」ほか

■お知らせ
かとうまふみ原画展「ぎょうざのひ」開催中!
場所:花一会図書館
(12月20(日)まで・無料)

■お家で検索!花一会の本
ご自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンから、花一会の蔵書を検索できます。
ぜひご利用ください。

▽利用方法
町ホームページTOP画面の「花一会図書館」をクリックすると検索ページが開きます。

■司書さんのこぼれ話
図書館間にはお互いに助け合う制度として「相互貸借」というものがあります。自館に無い本は他の公立図書館から借りて利用者の方に手渡すことが出来るのです。花一会でも頻繁に利用しています。他の公立図書館にも無い時は、道内外の大学図書館から借りることも!信頼関係で成り立つ制度なので普段以上に本の扱いには気を使いますが、なかなか手に入らない貴重な本を蘭越にいながら読むことも可能なのです!この本読んでみたい、この本で調べみたいと少しでも思ったら、まずは花一会へご相談ください。全力でお手伝いさせていただきます!

問合せ:花一会図書館
【電話】57-6085

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU