ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消防署蘭越支署からのお知らせ

16/35

北海道蘭越町

羊蹄山ろく消防組合消防署蘭越支署
司令補(主幹)
谷口 昌弘さん

■稲わらの焼却は注意して行ってください
稲わら等を焼却処分する際にでる大量の煙は火災の煙と紛らわしく、消防車が出動することがあります。
稲わら等に火をつけ、目を離したすきに付近の山林等に燃え広がる火災が発生しています消火用具を準備し火が完全に消えるまで、その場を離れないようにしてください。
特に夜間の焼却は炎が大きく見えることから、火災と見間違えやすく119番通報に至っている例があります。日没後には行わないようにしましょう。
火災とまぎらわしい煙を発生させる時は、必ず消防署へ届けましょう。届け出は電話でも受け付けています。火の取り扱いには十分に注意し火の用心をお願いします。

■薪ストーブ・石油ストーブ使用前に一度点検(清掃)を
羊蹄山ろく消防組合管内では、近年、薪ストーブ、石油ストーブ等を原因とする火災が発生しています。特に薪ストーブは煙突の掃除を怠るとタールが溜まり内部で火災が起きることがあります。だんだんと寒くなり暖房器具を使用する時期となってきました。
火災を起こさないために使用前に点検(清掃)をしましょう。

■キノコ採りでの遭難に注意
キノコ採りに夢中になって気が付くと入山した方向がわからなくなり、迷ってしまっていることがあります。遭難を防ぐためには家族へ入山場所を伝え、携帯電話や笛、食料や水分、雨具をもって入山するようにしましょう。
キノコより命のほうが大事です。迷ったらむやみに歩き回らず落ち着いて警察(110番)へ連絡しましょう。

■住宅用火災警報器は10年が交換目安です
住宅用火災警報器は古くなると部品の寿命や電池切れとなり、火災を感知しなくなることがあるため、とても危険です。
交換目安は10年です(電池を交換しても危機の交換目安は10年です)。

▽やってみよう!
まずは、動作確認し、音を聞いてみましょう。
ボタンを押す、またはひもを引いて動作確認をします。
正常な場合は、正常をお知らせするメッセージか「ピピ、ピーピーピー火事です」と火災警報音が鳴ります。

▽音は鳴りましたか?
鳴っていなければ電池切れか機器本体の故障です。
交換をお勧めします。

◆火事・救急・救助
【電話】局番なしの119番

◆災害情報ダイヤル(自動音声)
【電話】0136・22・6655

問合せ:消防署蘭越支署
【電話】0136・57・5010

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU