ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

〈国民健康保険制度〉保険証の更新と国民健康保険税のお知らせ(1)

6/38

北海道音更町

◆国民健康保険の保険証の更新について
現在使用中の保険証の有効期限は本年7月31日までとなっています。7月中に新しい保険証を送付しますので、8月1日からは新しい保険証を使用してください。保険証は特定記録郵便で7月中旬から下旬にかけて順次配達される予定です。8月に入っても届かない場合はご連絡ください。

◆限度額適用認定証および限度額適用・標準負担額減額認定証(以下「減額認定証等」)について
現在お持ちの減額認定証などの有効期限は、保険証と同じ本年7月31日までとなっていますが、減額認定証などについては郵送による更新は行いません。8月以降において必要な場合は、あらためて申請が必要です(郵送での申請も受け付けます。申請書を送付しますのでご連絡ください)。

◆令和2年度国民健康保険税(以下「国保税」)について
令和2年度の国保税は地方税法施行令の改正による課税限度額の改定と軽減拡充についての見直しを行い、税率の改定については、行わないこととしました。
今後も国保加入者の皆さんが安心して医療を受けられるよう、国保の安定的な運営を図っていきますので、ご理解とご協力をお願いします。

▽(1)国保税率について(表1)
国保税は74歳以下の人の医療費などの給付金に当てられる医療保険分、後期高齢者医療の医療費に当てられる後期高齢者支援金分、介護給付費に当てられる介護保険分で構成されており、それぞれ「所得割額」「均等割額」「平等割額」を計算し、合算して算出します。

〔表1〕令和2年度国保税率(前年度から変更はありません)

※所得とは令和元年中(1月~12月)の所得で、給与所得や事業所得、譲渡所得、公的年金などの雑所得などから基礎控除(所得から33万円を差し引きます)をした後の所得です。その他の扶養控除や医療費控除などは差し引きません。
※国保加入者のうち40~64歳の人は、医療保険分と後期高齢者支援金分、介護保険分を国保税として納めます。
40歳未満の人と65~74歳の人は、医療保険分と後期高齢者支援金分を国保税として納めます。
※年度途中で40歳になる人は、誕生月から国保税の介護保険分が課税されるため、年度途中に国保税の課税額が変更になります。
※年度途中で75歳になる人の国保税は誕生月の前月までの分を計算しています。

▽(2)課税限度額について(表2)
令和2年度の課税限度額を表2のとおり改定しました。課税限度額とは、医療保険分、後期高齢者支援金分、介護保険分ごとの金額の上限です。

〔表2〕課税限度額(医療保険分と介護保険分を改定しました)

▽(3)軽減判定基準の拡充について(表3)
低所得者に対して、国保税を軽減する判定基準を設けています。判定基準に該当する世帯は、均等割額と平等割額がそれぞれ軽減されます。令和2年度の軽減判定は、表3のとおり5割・2割軽減で拡充されます。
なお、世帯主が他の健康保険に加入しており、その家族が国保に加入している世帯のことを擬制世帯といい、その世帯主のことを擬制世帯主といいます。擬制世帯の場合の軽減判定は、擬制世帯主と国保加入者の合計所得で行います。

〔表3〕低所得世帯の国保税軽減判定基準の拡充(5割・2割軽減を拡充しました)

※上の表に該当する世帯は、均等割と平等割がそれぞれ軽減されます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU