文字サイズ
自治体の皆さまへ

ちくの話題 Sosa Topics

16/35

千葉県匝瑳市

■誰もが楽しめるスポーツ施設 パークゴルフそうさ、グランドオープン
市内初のパークゴルフ場として「パークゴルフそうさ」がグランドオープンし、初日10月31日は約130人の利用者でにぎわいをみせました。
利用開始前に、記念セレモニーとしてテープカットが行われ、太田市長と二村教育長、そして利用者第1号の大木とし子さん(飯倉)が参加。大木さんは「びっくりしていますが、とてもうれしいです。パークゴルフ歴20年の成果を発揮したいと思います」と話していました。
また11月7日には、パークゴルフ場の地元・共興地区の住民による体験会も行われ、老若男女問わず幅広い世代の人たちがパークゴルフを楽しんでいました。

■早朝に「月下美人」咲く
吉田地区在住の植村映江さんが育てているサボテン科の植物・ゲッカビジンの蕾(つぼみ)が、10月21日の早朝に開きました。
この花は通常、夜に咲き始めて翌朝までには花がしぼんでしまうため、朝方に花開くのは非常に珍しいとのことです。植村さんは「30年以上育ててきて、朝に咲いたのは初めて。すごくびっくりしています」と驚きを隠せない様子でした。

■まちづくり座談会を開催
広聴活動の一環として、コミュニティー組織や市内の団体などと市長が特定のテーマに基づいて対話を行い、まちづくりへの意見や提言を伺う「まちづくり座談会」が11月1日、市民ふれあいセンターで開かれました。
座談会は、各地区の区長で構成する市区長会と、「コロナ禍でのまちづくりについて」をテーマに開催。約2時間にわたり、施策に対する質問や意見・提言などが寄せられました。

■私募債利用でテントを寄贈
株式会社太陽社(飯倉)から豊栄小学校に対して、テント2張りが寄贈されました。
これは、千葉銀行が取り扱う地方創生私募債「みらいはぐくみ債」を利用したもので、同校で10月15日に贈呈式が行われ、同社の岡正裕代表取締役から同校の古山一郎校長に目録が手渡されました。

※写真は広報P.9をご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU