文字サイズ
自治体の皆さまへ

多古町を元気に‼多古町PR事業【経費の一部を町が補助!】

15/35

千葉県多古町

~多古町復興PR事業とは~
新型コロナウィルス感染症の影響により、落ち込んでいる地域経済や、観光の賑わいを取り戻すため、住民が主体となって実施する「復興PR事業」を町が募集し、14団体の事業を採択しました。各団体が「町を元気にしたい」という想いを込めて実施した、魅力的なPR事業の内容を4月号、5月号でご紹介します。

◆『多古第一小学校PR動画』多古第一小学校
学校行事がほぼ中止になる中、児童の思い出を形に残しつつ、学校の魅力を町外にもPRしたいという思いで動画制作を企画。
安心・安全で子育てのしやすい多古町での小学校生活の一部をPRした動画は、YouTubeにて公開中。
※YouTubeの二次元コードは、広報紙15ページをご覧ください。

◆『多古町応援マスクケース配布事業』千葉県立多古高等学校後援会
多古高校の文化祭が中止になった今年度。コロナ禍でも本校生徒の力を広くアピールするべく、美術部の生徒が美しい紫陽花をデザインしたマスクケースを制作。感染防止対策に役立ててほしいと、1月7日に多古町商工会を通じて町内の飲食店などに配布。

◆『新型コロナウィルス対策推進啓発事業』多古町三業組合
新型コロナウィルス感染症対策を実施していることを可視化することによって、店舗の感染拡大防止対策に対する意識の向上と、その取り組みをお客様にわかりやすく伝えられるよう、「ふっくらたまこ」をデザインにとりいれた「のぼり」と「ステッカー」を制作。12月26日に商工会を通じて町内の各店舗に配布。

◆『active campus in TAKO』株式会社ケイプラス
12月19日から12月20日にかけてオフラインとオンラインが融合した、「車中泊イベント」をあじさい公園の高田駐車場で開催。
イベント内容は、町の紹介動画や多古町特産品を使用した食事の提供、YouTubeチャンネル「クロワークス」でのライブ配信など。48名が参加し、盛大に実施。YouTubeにてイベントの関連動画が配信中。
※YouTubeの二次元コードは、広報紙14ページをご覧ください。

◆『感謝と絆の花火』多古町商工会青年部
コロナ禍で頑張っている方々に心から感謝し、家族そして地域の絆を再確認することで、未来へ向けた、明るい気持ちが花開くように願いを込めた花火が11月23日多古町内4カ所で同時に打ち上げられ、冬の夜空を鮮やかに彩った。

◆『ふっくらたまこの焼き印・焼き型の制作』泉ベーカリー
年々人気が高まっている「ふっくらたまこ」の型で作られたパンは、多古米の米粉を使用しており、もちもちとした食感で幅広い層のお客さんに好評。味覚・視覚の両面で楽しんでもらいつつ、多古町のPRも兼ねた事業。泉ベーカリー、そごう千葉店などで販売中。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU