ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

災害に便乗した消費者トラブルに注意!

7/41

千葉県松戸市

地震・台風・豪雨などの災害が起こると、災害に便乗した消費者トラブルが増える傾向にあります。注意しましょう。

■事例1
台風で実家の屋根が破損した。修理業者から「保険金を使い無料で修理できる」と工事を勧められお願いしたが、保険の対象外となり工事代金全額を自己負担した。

■事例2
大雨の影響で、自宅に雨漏りが発生した。急いでインターネット広告に掲載されていた事業者に見積もりを依頼したところ、高額な代金を提示され、併せて調査費用も請求された。

■事例3
市役所の職員と名乗る人物が自宅に来訪し、義援金を求められた。

トラブルにあわないために
■消費生活センターからのアドバイス
・「火災保険が使えるので負担はない」「経年劣化の破損個所も保険金で直してしまいましょう」などの勧誘があっても、すぐに事業者と契約をしないようにしましょう
・災害により被害を受けたら、慌てずに複数の事業者から見積もりを取り検討しましょう。検討する時間を与えずに契約を迫る事業者には注意しましょう
・公的機関などが義援金を戸別訪問などで募ることはありません
・不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があったら断りましょう。金銭を要求されても決して支払わないようにしましょう

不安を感じたら早めに消費生活センターに相談を

問合せ:
・消費生活センター【電話】365-6565(相談専用)
・消費者ホットライン【電話】188(いやや)(近隣の消費生活相談窓口につなぎます)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU