文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナワクチン接種を進めています

11/32

千葉県袖ケ浦市

■スケジュール(予定)

※年齢は、令和4年3月31日時点です。国からのワクチンの供給量が不安定なため、スケジュールが変更となる場合があります。次回の予約対象・予約開始日などの情報は、市ホームページ・生活安全メール・市公式LINEなどでお知らせする予定です。
※9月6日時点の情報です。ワクチン供給量などにより、変更となる場合があります。

■新型コロナウイルス感染症自宅療養者への支援を行っています
対象:市内在住で、下記のいずれかにあてはまる方
・保健所などから自宅療養を指示された方
・陽性者と接触があり、自宅待機している方
支援内容:
・健康相談:自宅療養中の体調などの不安に対して、電話相談を行います。
・パルスオキシメーターの貸与:パルスオキシメーター(体内に酸素が取り込めているか測る器械)を、希望者に貸与します。
・体温計の貸与:自宅に体温計がない方に貸与します。
・マスク・アルコール手指消毒液・手袋の配布
・食料品の配布:7日分の食料品を、自宅療養者のうちの希望者へ配布します。
申込方法:電話

申込み:新型コロナウイルス対策支援室(平日8:30~17:15)
【電話】62-2323【FAX】62-2122

■新型コロナウイルス感染症 よくある質問
Q.発熱や咳の症状がある場合は、どうしたらいいですか。
A.症状が出たら、かかりつけ医や袖ケ浦市 新型コロナウイルス対策支援室(【電話】62-2323)に電話で相談しましょう。これからの季節は、新型コロナウイルス感染症の症状と類似した、季節性インフルエンザや発熱・咳を伴う感染症が流行しやすくなります。自己判断はせず、まずはご相談ください。
Q.「ブレークスルー感染」とはなんですか。
A.新型コロナワクチンの2回目接種後、十分な免疫の獲得が期待される2週間後以降に感染することを「ブレークスルー感染」と呼びます。一般的に、免疫獲得後も、使う機会がなければ、徐々に抗体の量は少なくなります。ただし、抗体の量が少なくなるだけで、感染後は直ちに抗体を作り出すため、重症化のリスクは低くなります。
2回の接種を終えた方でも感染のリスクはあるため、ワクチン接種後もこれまでどおりの感染症対策をお願いします。

■最新の情報はこちらから
・市ホームページ
・生活安全メールの登録ページ
・市公式LINE

問合せ:新型コロナウイルス対策支援室
【電話】62-2323【FAX】62-2122

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU