ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ながら町議会だより(2)

19/42

千葉県長柄町

一般質問―議員5名が町政を問う―

■三枝新一議員(一問一答方式)

○問 重いランドセル、重いカバンについて
議員(1):
重いランドセル、特に小学低学年、重いカバンについてどのように考えているのか伺う。
議員(2):
文科省の通知に対し本町は、どのような対策を考えているか伺う。
教育長(1)(2):
国のゆとり教育からの転換により、教科書等も厚くなったり、体験学習や社会学習や社会等の要請により、ランドセルやカバンのほかに学校への持ち込みも多くなった。
重いランドセルによる小学生への健康が心配されている。
今年、9月6日付けの文科省からの連絡を受け、発達段階に応じて学校に持参する荷物量などを調整し、適切な対応を行い子供達の健康、安全を守っていきたい。
議員:
ランドセル等の小学校、中学校の重さは今までどの位であったのか伺う。
学校教育課長:
長柄小は、ランドセル4.58kg、手荷物1.23kgである。日吉小は、ランドセル4.3kg、手荷物2.4kgである。長柄中は、男子7.4kg、女子8kgである。
議員:
現在の重さはどの位か伺う。
学校教育課長:
日吉小は、ランドセル4.06kg、手荷物0.7kgである。
議員:
置き勉についての具体的な考え方について伺う。
学校教育課長:
小学校では、国・算・理・社、中学校では、5教科のほか資料等は学校に置くことを認めている。
議員:
重いランドセル、重いカバンの通学で体調に異常を訴えた児童はいたか伺う。
学校教育課長:
体調の異常を訴えた児童はいない。

○問 長柄町特別奨励作物栽培について
議員:
大豆の平成29年、平成30年の作付面積、生産量を伺う。
町長:
作付面積は平成29年が1ヘクタール、平成30年が2ヘクタール、生産量は平成29年が1.2トン、平成30年が2.2トンを見込んでいる。
議員:
平成29年、平成30年のみそ生産量に対する大豆の使用量、又本町の大豆使用割合を伺う。
町長:
平成29年、平成30年ともみそ生産量は8トン。大豆の使用量は3割で2.4トン。使用割合は、平成29年が50%、平成30年は90%を見込んでいる。
議員:
今後、大豆生産の新規就労者の募集等をどのように考えているのか伺う。
町長:
新規就農者情報の発信、PR、募集活動を行い、新規就労者受け入れ、育成体制の整備を図っていく。
議員:
収穫時の脱穀機の購入の補助は考えているか伺う。
産業振興課長:
個人に補助金は厳しい。組合に対しての補助は可能と考える。
議員:
生産者に組合設立のアドバイスをしたことはあるか伺う。
産業振興課長:
具体的にしたことはない。
議員:
前回、大豆以外の2品目について奨励品種から外したらとの問に対し、さくらの郷で新メニューを開発しているとのことであったが開発されたか伺う。
産業振興課長:
具体的に決まった動きはない。

■本吉敏子議員(一問一答方式)

○問 ブロック塀の安全対策について
議員:
通学路のブロック塀の危険箇所の調査と対策について伺う。
町長:
小学校を中心とした500メートル以内、いわゆるスクールゾーン及び通学路の調査を行い、町のホームページ、7月の広報にて地震等の災害に備えた防災体制の再確認について周知した。スクールゾーンの該当ブロック11カ所について、対象となった方には点検結果及び資料を配付し、安全対策についてお願いをする。
議員:
一般家庭の危険なブロック塀を点検した結果により、改修が必要な場合、経済的支援、補助等の考えがあるのか伺う。
町長:
住宅リフォーム補助金があるが、さらによいものを関係各課の中で調整し、改修制度の充実を図っていく。
議員:
児童・生徒には学校側から、また教育委員会のほうからどのような注意喚起をされたのか伺う。
学校教育課長:
強い地震があったとき、一時避難をする際、電柱及びブロック塀があるところについては、避難場所として避けていただき、ブロック塀は崩れてくる可能性があるので危険であると周知している。
議員:
塀の所有者等に向けた安全点検について本町ではどのように考えているのか伺う。
総務課長:
12月の広報ながらに安全点検のチェックポイントの記事を掲載し、所有者に対する案内周知をしていく。

○問 災害対策について
議員:
台風の接近で避難所を開設しましたが、本町はどのような対応をされたのか状況を伺う。
町長:
避難勧告等判断基準・伝達マニュアルに基づき、対応している。
9カ所の指定避難所からあらかじめ定められた開設順位により、順次開設する。

○問 熱中症対策について
議員:
小・中学校の特別教室のエアコンの設置状況を伺う。
教育長:
長柄町の小・中学校の普通教室及び児童・生徒が授業で使用する特別教室ともに既にエアコン設置を完了している。
議員:
部活動の運動も含めて、災害時に避難所となる学校体育館へのエアコン設置が必要と考え、設置の提案をするが考えを伺う。
教育長:
通常の目的別使用頻度及び使用者の身体的影響等を総合的に判断して、現状ではエアコン設置ではなくて、健康管理体制をしっかりしていく。

○問 子ども議会について
議員:
以前にも子ども議会の提案をしたが、現在でも状況は変わっていないのか伺う。
教育長:
子ども議会の開催は、子どもたちが議会の仕組みや主権者教育について考えるよい機会であるが、取り入れたい気持ちがあっても、限られた学習時間の中で難しい状況にある。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU