ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

病気の豆知識

34/42

千葉県長柄町

月経前症候群(premenstrual syndrome…PMS)の話
塩田記念病院婦人科
遠藤信夫医師

月経前症候群とは、月経前の3~10日間に起こる精神的あるいは身体的症状で、次の月経が開始すると同時に減弱あるいは消失するものをいいます。
症状は多岐にわたりますが精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、おなかの張り、乳房の張りなどがあります。とくに精神症状が強い場合は、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder:PMDD)の場合もあります。原因ははっきりとはわかっていませんが、月経前の女性ホルモンの急激な変動が関わっていると考えられています。排卵があると排卵から月経までの期間(黄体期)に分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが黄体期後半に急激に低下するために上記の症状が月経前に毎月現れ、月経開始とともに和らぐことが特徴的です。よって出現症状と月経周期との関連を確認し、症状が似ている月経前不快気分障害やうつ病など精神神経疾患との鑑別が必要です。
治療法は薬による方法としては排卵後の女性ホルモンの大きな変動が原因であるので、排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすことで症状を軽快させる目的で低用量ピルの服用が勧められます。症状を抑える治療法としては痛みに対して鎮痛剤、むくみに対して利尿剤、精神神経症状に対しては精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬物療法という脳内の活性物質を維持する治療法、あるいは症状や体質に合わせて漢方薬を服用することもあります。薬に頼らない方法としては気分転換やリラックスする時間を作ったり、カフェイン、アルコール、喫煙を控える等が有効なこともあります。
月経前に上記の様な症状があり日常生活に支障をきたすようであれば一度婦人科外来受診をお勧めいたします。

問合せ:医療法人塩田記念病院
【電話】35-0099

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU