文字サイズ
自治体の皆さまへ

コロナに負けるな! 頑張る和光の仲間たちNo.12

7/35

埼玉県和光市

パティスリーくるみ
手作りのおいしさをこれからも地域の皆さまへ

コロナ禍に負けることなく、元気に明るく頑張る和光市の商店や事業所。今回は、素材と製法にこだわった手作りのケーキやお菓子を作り続ける「パティスリーくるみ」のご紹介です。
オーナーの益子さんはパティシエとして数々のお店で腕を磨いたのち、2013年にパティスリーくるみをオープン。「若いころは休みの日やお店が終わったあとも厨房に残り、ケーキやお菓子作りの練習に励んでいました」という益子さんだけに、自らの手で作るスイーツには並々ならぬこだわりがあります。
「お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけるよう、厳選した素材を使用しています。昨今は原材料の高騰もあり厳しい状況ですが、素材に妥協することはありません」と益子さん。さらに、ケーキの要ともいえる生クリームにはこんな想いも。
「生クリームとホイップクリーム、見た目は似ていますが味はまったく違います。当店は、コストを惜しまずに全て生クリームを使う。こうした“本来の素材と製法”を、これからも徹底していきたいですね」。
そのポリシーは、人気商品のひとつ『フィナンシェ』にも現れています。「本来は焦がしバターで豊かな香りをつけるのですが、残念ながら香料を使用しているものも。当店のフィナンシェは、もちろん焦がしバターを使用しています」。
「ケーキ作りはレゴブロックのよう。玉子、砂糖、小麦粉、バターなどの配合を変えることで、無限のバリエーションが生まれる。それが面白いところですね」と笑顔で語る益子さん。最後に、こんなメッセージをいただきました。
「おかげさまで、チーズケーキやタルトといった素朴で王道なスイーツにご好評をいただいています。全てのお客様に愛される“また来たい、また食べたい”と思っていただけるお店を目指しています。今後ともよろしくお願いします」。

〇パティスリーくるみからのお知らせ!
4月中、バースデーケーキをご購入の方に「ナンバーキャンドル」を1本プレゼントいたします。
ご注文時に「広報わこうを見た」とお伝えください!

問合せ:【パティスリーくるみ】本町11-30
【電話】462-1015
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜日・不定休

※次回は、託児付きネイルサロンandスクール『MereMer(メールメール)』です!

**********

問合せ:秘書広報課広報広聴担当
【電話】424-9091

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU