文字サイズ
自治体の皆さまへ

わこう市議会だより No.114(3) 2021年11月1日発行

16/42

埼玉県和光市

■和光市のこんなことを聞きました
市政に対する一般質問ダイジェスト

[一般質問とは]
市政全般について、各議員が様々な角度から執行機関に対し事務の執行状況及び将来に対する方針等について報告、説明を求めて質問するものです。市民要望を交えながら議員自身の意思に基づいて、質問することにより、より良き方向へ執行機関の回答を引き出していくもので、各議員が力量を発揮する場でもあります。

◆「防災ガイドandハザードマップ」を活用した防災意識の啓発を
内山恵子(うちやまけいこ)(緑風会)
◇質問
「防災ガイドandハザードマップ」は、災害で一番重要な「自助」を実践するために必要な知識が満載です。市民への周知や、活用するための取り組みについて伺います。
◇危機管理監
自治会、自主防災組織や市内公共交通を通じて配布する他、和光市文化振興公社と連携を図り商業施設内のチケットコーナーや総合福祉会館内等多くの市民の目に触れるように配置することで周知・啓発に努めています。
◇その他の質問事項
広報、交通

◆和光市空き家等の適正管理に関する条例制定を
富澤啓二(とみざわけいじ)(公明党)
◇質問
空き家等の適正管理に関する条例制定及び、国の基本指針に則した空き家等対策計画・協議会の設置について対応を伺います。
◇建設部長
業務委託の中で、空き家施設調査を実施し、その結果を踏まえ、地域特性を考慮した条例の策定について検討します。また、令和4年度以降に空き家等対策計画の策定及び実施に関する協議会設置について検討してまります。
◇その他の質問事項
交通安全対策、環境他

◆新型コロナウイルス感染症防止対策を
熊谷二郎(くまがいじろう)(日本共産党)
◇質問
学校関係と福祉関係職場において、適時PCR検査の実施をすべきですが市の対応を伺います。
◇保健福祉部長
感染状況の拡大により状況が大きく変わってきていますので、市がPCR検査に対する助成を行うことで対応してまいります。
◇その他の質問事項
自動運転専用道路整備、学校の教育予算の増額、生活保護の申請時の窓口対応について

◆市長公約の時代の転換点に合わせた市役所経営『事業』総点検
松永靖恵(まつながやすえ)(やさしい未来の会)
◇質問
事業総点検において、事業抽出の前提条件、誰が協議し決定するのか、市民参加や市民への周知について伺います。
◇企画部長
市独自の裁量で、見直しが可能な事業等を幅広く対象事業として市長、副市長、企画部長が行政経営会議の中で見直し決定を図ります。市民参加が必要なものは、個別案件で行い、政策会議で決定後、議会に示し、ホームページ等で公開します。
◇その他の質問事項
教育と福祉の連携、広沢複合施設開業、人権、市長職場体験等

◆市内循環バスの起点・終点を和光市駅に変えて、もっと便利に
金井伸夫(かないのぶお)(まちづくり市民の会)
◇質問
現在の市内循環バスの起点・終点は市役所となっており、コースの所要時間が長く、市民の利便性は高くありません。起点・終点を和光市駅に変える等の見直しを要望します。
◇建設部審議監
市内循環バスの見直しについては市民の皆様と意見交換を行い、市から、1週40分から50分以内の小循環ルートや利用状況を考慮したバス停の設置等の方向性をお示ししました。
◇その他の質問事項
都市計画、保育行政、在宅医療等

◆市税の使途について市民に丁寧な説明を
萩原圭一(はぎわらけいいち)(和光市民の会)
◇質問
税金を納めていただいている市民の皆様の理解が得られるよう、日頃から丁寧に説明を尽くすことが重要です。市長のお考えを伺います。
◇市長
市民の皆様に納めていただいた市税は、様々な行政サービスや市の発展のための大切な財源です。市民がその能力と受益に応じて、広く共同して負担し合うものなので、税の使途を明確に示し、市の説明責任を果たすことは大変重要であると考えております。
◇その他の質問事項
都市計画税全般

◆市独自商品券や決済アプリを活用した消費促進策の実施を
猪原陽輔(いはらようすけ)(新しい風・希望)
◇質問
他市では、独自の商品券の発行や、決済アプリを使用した際の決済額の一部を還元する事業を通じ、市内消費を喚起していますが、事業に対する市の見解を伺います。
◇市民環境部長
商品券事業は地域経済を下支えするとともに額面以上の経済効果が期待でき、決済アプリは感染症対策の観点からも有効と考えます。社会情勢や市の財政状況を踏まえ、消費促進策を検討してまいります。
◇その他の質問事項
DX、広報・広聴

◆安全で利便性の高い隧道の早急な整備を
安保友博(あんぽともひろ)(緑風会)
◇質問
和光市は線路で南北が分断されていますが、その行き来は隧道と跨線橋が中心です。しかしながら、安全で利便性の高い通行環境には課題があるため早急な改善を求めます。
◇建設部長
歩行者、自転車が安全に通行するためにバリアフリー推進は必要と認識していますが、大規模な改修が必要であることから、実施時期は慎重に検討します。
◇その他の質問事項
学校トイレ改修、消防団員確保、市長公約、総合型地域スポーツクラブ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU