文字サイズ
自治体の皆さまへ

確定申告の基礎知識(2)

4/39

埼玉県和光市

■市役所で受けられる確定申告もあります
受付期間:2月16日(火)〜3月15日(月)の平日、2月21日(日)9:00〜16:00
・市役所では、土・日・祝日及び2月28日(日)の受付はしていません
場所:市役所5階502会議室
・お越しいただく場合、マスクの着用、可能な限り少人数でお願いします

〇新型コロナウイルス感染リスク軽減のため、ご自身での記入が困難などの理由がある方以外は、可能な限りe-Taxまたは郵送での申告にご協力ください
〇お越しの際は、マスクの着用、検温、消毒、連絡先の記入等感染症対策へのご協力をお願いします。咳・発熱等の症状がある方は入場をご遠慮いただく場合があります

◆市で取り扱える申告
・給与所得者で医療費控除を受ける方
・給与所得者で年の途中に退職し、年末調整を受けていない方
・公的年金を受給している方
・年末調整をしたが、記載に不備のある方

◆市で取り扱えない申告(朝霞税務署で申告してください)
・令和元年分以前の申告をする方
・令和2年分から住宅借入金等特別控除を受ける方
・東日本大震災や熊本地震、令和2年7月豪雨等に関係する諸制度を受けようとする方
・利子所得・事業所得・不動産所得・譲渡所得・配当所得・一時所得等のある方
・亡くなられた方の申告、相続税、贈与税、消費税等所得税以外の国税の申告をする方

▼申告に必要なもの
(1)筆記用具、計算器具、印鑑、申告する人の預貯金の口座番号(本人名義)がわかるもの、マイナンバーカード(なければ、通知カード又はマイナンバー記載のある住民票+運転免許証又は健康保険証)の原本
(2)給与所得・公的年金等の令和2年分の源泉徴収票又は給与明細書など
(3)令和2年中に支払った生命保険料・地震保険料の控除証明書、社会保険料(国民健康保険料(税)・国民年金保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料など)の支払証明書または領収書
(4)障害者控除・勤労学生控除を受ける場合は、令和2年12月31日時点で障害者または学生とわかるもの(障害者手帳等、学生証または在学証明書)
(5)医療費控除・セルフメディケーション税制を受ける場合は、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書とその適用を受けようとする年分の一定の取組を行ったことを明らかにする書類」(領収書の添付不可)
(6)寄附金控除を受ける場合は、令和2年中に寄附した領収書または納付書(原本)
(7)国外に在住の方を扶養にする場合は、親族関係書類(戸籍謄本等)及び送金関係書類(外国送金依頼書の控え等で令和2年中に送金していることがわかるもの)

◆主な税制改正について(詳しくは市HPをご覧ください)
◇給与所得控除・公的年金等控除の変更
給与所得控除・公的年金等控除が一律10万円引き下げられました。このほか、控除上限額なども変わりました。

◇ひとり親控除の創設
婚姻歴や性別に関わらず一定の要件を満たす場合は、35万円を控除することができるひとり親控除が創設されました。

◇基礎控除の変更
控除額が10万円引き上げられ、48万円になりました。ただし、合計所得金額が2,400万円を超える方は、その合計所得金額に応じて控除額が変わります。

◇所得金額調整控除の新設
給与所得控除・公的年金等控除の変更により負担増となる対象者について、その負担増分を抑制する所得金額調整控除が新設されました。

◇所得控除等の適用に係る合計所得金額要件の改正
給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替に伴い、非課税基準及び所得控除等の適用に係る合計所得金額要件等が見直されます。

◇調整控除の改正
合計所得金額が2,500万円を超える場合、調整控除の適用がなくなります。

◇新型コロナウイルス感染症等に係る住宅借入金等特別控除の特例
新型コロナウイルス感染症の影響により入居が遅れた場合でも、期限内に入居したのと同様の住宅借入金等特別控除を受けられるよう、摘要要件が見直されました。

◇新型コロナウイルス感染症等に係る寄付金税額控除の特例
新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を受けて、芸術文化・スポーツイベントが中止等となった際に、チケット払戻しを辞退した場合、住民税の寄付金税額控除の対象となります。対象となるイベントは、主催者が文化庁及びスポーツ庁に申請をして文部科学大臣の指定を受けたもののうち、都道府県や市町村が指定したものが対象となります。

◇医療費控除・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の申告時における「明細書」の添付が必要となります。
令和3年度住民税の申告から「医療費控除の明細書」「セルフメディケーション税制の明細書」の添付が必須になります。領収書の添付は認められませんのでご注意ください。

問合せ:
課税課住民税担当【電話】424-9102
朝霞税務署【電話】048-467-2211

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU