文字サイズ
自治体の皆さまへ

昭和63年に作成した和光市史がHPで見られます!

13/42

埼玉県和光市

市制10周年記念事業として作成した前回の和光市史が完結したのは、昭和63年です。
作成順に、「図説和光市の歴史」、「史料編1」、「史料編2」、「民俗編」、「史料編3」、「通史編上巻」、「通史編下巻」の全7冊です。
旧和光市史6巻は、残部があるので簿冊を販売していますが、「図説和光市の歴史」は絶版となったため販売はできない状況です。
市では、今回の和光市史平成版の作成に当たり、前回作成の7冊をPDFにして和光市デジタルミュージアム歴史の玉手箱(以下、れきたま)に掲載しました。インターネットにつながる環境があれば、いつでも、どこでも無料で見ることができます。
知りたい語句についての全冊子を通しての検索方法についてもHPに記載していますので、ぜひご覧になってください。市の歴史が詳しく載っていますので、もう一度故郷を知るきっかけにしてください。
和光市になって既に50年が経ち、市内の様子もかなり変わってきました。
昭和39年の前回の東京オリンピック時には市の東側を縦断して県道練馬川口線が新設され、平成に入ってからは、東京外かく環状道路が市の中央を縦断する等、市民生活における環境も大きく変動しました。
現在、市民の声を聴きながら和光市史平成版を作成しています。こういう市史を読みたい、こんな資料を持っている、こんな話を知っている等の市に関する情報がありましたら提供してください。ご連絡をお待ちしています。
既刊の「和光市史」と「図説和光市の歴史」は、図書館でもご覧いただけますので、まだ読んだことのない方は、実物を一度手に取ってみてください。

※詳しくは本紙、HPをご覧ください。

問合せ:生涯学習課和光市史編さんプロジェクトチーム
【電話】424-9119

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU