ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「食品ロス」と聞いてみなさんは何を思いますか?

8/49

埼玉県幸手市

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。
もしかして、心当たりありませんか?

食品ロスは、日本で年間約646万トンあり、日本の人口1人当たり「茶碗約1杯のご飯(139g)」が毎日捨てられている計算になります。
まだ食べられるのに捨てられている食べ物がたくさんあることを知っていましたか?

最終的に、食品ロスで発生したごみは、大部分が生ごみとして焼却処理されます。
生ごみは水分を多く含み燃えにくいので、生ごみを焼却するためには、燃料をより多く使用することもあります。

■食品ロスを減らす
▽家庭編
・買い物は冷蔵庫の中身をチェックしてから行く
・食材は無駄なく使う
・料理は食べきれる量を作る

▽外食編
・小盛りやハーフサイズメニューなどを積極的に活用する
・好き嫌いはしないで残さず食べる
・宴会では料理を楽しむ時間や食べ切りタイムを設ける

■生ごみを出すときは水切りを
食品ロスを減らす工夫をしても、生ごみをゼロにすることは難しいです。
生ごみを燃やせるごみとして出すときは、よく水を切って水分を減らすようにご協力をお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階