文字サイズ
自治体の皆さまへ

市政情報・1

7/42

埼玉県熊谷市

■三世代の同居・近居を応援します
親世帯(父母または祖父母)と子世帯(子および孫)が、市内で同居または近居し、住宅を新築・購入や増改築した場合に、費用の一部を商品券で補助します。なお、所有権登記後に転出があった場合を除き、所有権登記の2年前の日以後の転入を伴う新築・購入は市内全域が対象となります。
※転入を伴わない新築・購入は、近居(おおむね1キロメートル以内)が要件となります。
補助金額:補助対象費用の1パーセント(市内業者の場合の上限額は25万円、それ以外の場合は20万円)
※予算額に達した時点で受付終了となります。また、その他補助対象となるための要件があります。
※詳しくは、市ホームページをご覧いただくか下記へお問い合わせください。

問合せ:長寿いきがい課
【電話】内線272

■住宅リフォーム資金補助金をご利用ください
市内事業者に依頼してお住まいの住宅をリフォームする方に対し、対象工事費用の一部を予算の範囲内で、「まち元気」熊谷市商品券により補助します。
補助金額:税抜き工事費用の5パーセント以内(上限額10万円)
※4月から申請書様式、必要書類が変わりました。
※補助対象者、補助対象工事など、詳しくは市ホームページからご確認ください。

問合せ:商工業振興課
【電話】内線467

■住宅用火災警報器の訪問調査にご協力を
設置状況を把握し、今後の普及啓発および適切な維持管理を図るため、無作為に抽出した世帯へ訪問調査を行いますのでご協力をお願いします。
調査期間:4月12日(月)~5月21日(金)
調査方法:消防職員が戸別訪問し、玄関先で聞き取り調査を行います。

問合せ:消防本部予防課
【電話】048-501-0118

■長期優良住宅にお住まいの皆様へ
長期優良住宅は維持保全、記録の作成・保存等の適切な実施が法律で求められています。適切に実施されているか確認するための抽出調査を実施します。
調査対象者:長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定計画実施者
調査対象住宅:平成22年4月から平成23年3月までおよび平成27年4月から平成28年3月までに工事完了した認定長期優良住宅
調査方法・時期:7月頃に郵送で調査対象の方に文書を送付します。
※調査対象の方の全てを調査するわけではありません。

問合せ:建築審査課(大里庁舎)
【電話】0493-39-4809

■固定資産縦覧帳簿の縦覧
令和3年度の固定資産縦覧帳簿の縦覧を実施します。
日時:4月1日(木)~5月31日(月)(土・日曜日、祝日を除く)
※詳しくは、市報3月号13ページをご覧ください。

問合せ:資産税課
【電話】内線250

■納税通知書を発送します
(1)令和3年度固定資産税・都市計画税
発送日:5月10日(月)
第1期納期限:5月31日(月)

問合せ:資産税課
【電話】内線250

(2)令和3年度軽自動車税(種別割)
納税通知書が届きましたら車両番号などの内容をご確認ください。
発送日:5月10日(月)
納期限:5月31日(月)

問合せ:市民税課
【電話】内線245

■国民年金保険料学生納付特例制度
学生の皆さんも、20歳になったら必ず国民年金に加入し、保険料を納めることが法律で義務付けられています。
しかし、学生の方は一般的に所得が少ないため、本人の所得が一定額以下の場合、国民年金保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。
対象:学校教育法に規定する大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校(修業年限1年以上である課程)に在学する学生等で、本人の前年所得が次の計算式で計算した金額以下であることが条件
所得の目安:128万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料等控除等
手続に必要なもの:
(1)在学証明書または学生証(学生証は、両面コピー可)
(2)年金手帳またはマイナンバーを確認できる書類、本人確認書類(運転免許証など)
※代理人申請の場合、(1)・(2)のほか、代理人の本人確認書類が必要となります。(別世帯の代理人は委任状も必要)

問合せ:
保険年金課【電話】内線277
各行政センター市民担当係
熊谷年金事務所【電話】048-522-5012(音声案内2番のあと2番)

■第三子以降の学校給食費を無償化します
小中学校に在籍する児童生徒を3人以上養育している保護者に対し、3人目以降の児童生徒に係る4月以降の学校給食費を全額補助します。
対象:次の要件を全て満たす方
・市内に住所を有し、現に児童生徒を3人以上養育している保護者
・補助対象者が養育する全ての児童生徒の学校給食費を滞納していない
・補助対象者および補助対象者の世帯に属する者が、生活保護法による保護を受けていない
・補助対象者およびその世帯に属する者が、生活保護法を除く公的扶助制度により学校給食費に相当する額の給付を受けていない
・その他、市長が特に必要と認める者
※私立学校、特別支援学校等、熊谷市立学校以外の小中学校に在籍している児童生徒の学校給食費も補助対象ですが、お住まいの地区(熊谷・江南・大里・妻沼)の熊谷市立学校の学校給食費を補助額の上限とします。
※申請書類は学校を通じて、または郵送で対象候補者に配布します。

問合せ:教育総務課
【電話】内線392

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU